なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

お金の話

サッカーのワールドカップのマネーから読み解く…自分自身が世界に取り残されないために必要なこと

サッカーのワールドカップが盛り上がっていますね。 開催前に期待されていなかった日本代表が、第1銭目に強豪のコロンビアに勝ったことで、日本中がかなり盛り上がっています。 期待されていなかったから、ギャップでさらに盛り上がっているように感じます…

1,000万円貯蓄を達成した人の感想5つを紹介します!私が現時点で感じることは?

先日、ネット記事を見ていたら、All Aboutが「1000万円貯蓄を達成した人の感想5つとは?」という記事がありました。 投資をしている人達のブログを見ていると、1,000万円レベルではなく、もう一段上の次元にいらっしゃる方が多いように思います。 ただ、親…

家計簿アプリは『マネーフォワード』が連携口座が多くGood! でも、アプリ不要の環境がベストか?

以前に、マネーフォワードのアプリがとても良いという紹介をしました。 その後、他の家計簿アプリもインストールして試してみようかと思いました。 結局は、マネーフォワードが一番良いという結論に達しました。 私の場合は、資産把握のために家計簿アプリを…

投資は手取り収入の何%したらいいの?に答えます。投資の種類も重要ポイントですよ!

『投資による資産運用をした方が良いと言われても、周りの人は、1ヶ月の運用資金はどのくらいなのか?』という疑問を持っている人も多いでしょう。 各人それぞれの収入に違いがあるように、世帯収入にも差があるのは当然です。 したがって、絶対値の金額で…

低金利の長期ローンを繰上返済することは正しいのかな?もっと運用リスク取ろうよ!

昨日の記事で、共働きの住宅ローンについて書きました。 我が家は「連帯債務」で、私と妻の比率を50:50にして借りています。 団信も半分の割合、住宅ローン減税はお互いに正社員で税金はまともに払っていますから、減税もMAXで返ってきています。 各家…

共働き家庭の『住宅ローン』およそ3つの中での選択は「団信」と「住宅減税」の点からコレ!

最近は、共働きが増えてきていますので、住宅ローンの借り方も、かなり変化がみられるようです。 我が家も夫婦共働きなので、住宅ローンは私だけの収入で借りているわけではありません。 2人が働いているけれど、夫だけの収入で住宅ローンを借りるというの…

ボーナス時期ですね!能力の高い人こそ、微々たる増額査定で貢献させられているのでご注意を!

昨日の記事では、28歳くらいを境に、自己投資から株式投資へ変えた方が良いと言っているネット記事を引用し、私の意見を少し書きました。 株式投資は時間が大きな味方なので、早く始める方が有利であることは間違いないと思いまず。 「投資を始めて、すぐに…

自己投資は28歳くらいまで?私もそう思う…私の苦い経験をいつか我が子に伝えたい…

ネット記事を読んでいると、たまに「そうだよな~」と感心させられることがあります。 書籍を読むのも参考になりますが、書籍は本音が書かれていないことが多いので(おそらくバッシングされるからでしょう)、ブログなどは本音が書かれていることが多いので…

マイホームを買った途端or買う前から、不安で不安で仕方ない人は「単に無理しすぎ」!

最近、マイホームと家計の関係で、「家計が苦しくマイホームを持たない方が良かった・・・」という感想や、「マイホームを持っている友人から返済が大変と聞くから辞めといた方がいいのかな?」という疑問が多いように感じます。 マイホームと家計との関係は…

弱小個人投資家がお勧めする「アセットアロケーション(資産配分)」を見つけるための3つのやり方

経済評論家の山崎氏の記事が目に留まりました。 内容としては、アセットアロケーション(資産配分)は、投資顧問、ラップ、FP、ロボアドバイザー、バランス・ファンドなどを利用せずに、自分でやった方が簡単で確実ではないのか?という意見です。 アセット…

『飲み会に行くなら、楽天ファンドのVTIを買いたい!』と思えるのは、投信の敷居が低くなったから?

「会社の夜の付き合いはどこまで必要か?」 これは永遠のテーマではありますが、私は最近、会社の付き合いに関して感覚が変わってきました。 本日は、「社会人として夜の付き合いは絶対!」といわれる世の中に反発した記事です。(笑) 本題の「夜の付き合い…

老後は「非常に心配」しない!? 富裕層“1億円”を目指す!ために、準富裕層“5,000万円”の壁を超えろ!

2人以上世帯の貯蓄額から「老後の心配度」に関する調査結果の記事がありました。 調査結果の元データは、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」とのことです。 このデータの「知るぽると」は結構有名で、このデータは実態に近い、よく反映…

“親が我が子に残してあげたいこと” 私はこの2つです!

親が我が子に残してあげることができるもの、私自身、それは「教育」と「資産相続」だと思っています。 どちらからに比重が傾いても良くないと考え、バランスも大切だと考えています。 でも、どちらもマネーが関係することです。 私自身の収入が少なければ何…

dポイント運用をしてくれるロボアドバイザー「THEO」のファンド実績を調べてみた!!

昨日までに、dポイント投資サービスのことを書いています。 これは素晴らしい!dポイントを増やせるサービス開始!「THEO」と「docomo」が連携中 - なんでも道しるべ 【厳選Q&A一覧】dポイントを「THEO」で運用するときの疑問を解消! - なんでも道しるべ ポ…

【厳選Q&A一覧】dポイントを「THEO」で運用するときの疑問を解消!

昨日、「docomo」と「THEO」が開始した、dポイントの「ポイント投資サービス」について書きました。 これは素晴らしい!dポイントを増やせるサービス開始!「THEO」と「docomo」が連携中 - なんでも道しるべ 簡単に書くと、dポイントを投資信託ファンドであ…

これは素晴らしい!dポイントを増やせるサービス開始!「THEO」と「docomo」が連携中

dポイントが運用で増やせるかもしれないという、非常に面白いサービスをdocomoが始めました。 その名も「ポイント投資サービス」です。 このサービスはロボアドバイザー資産運用を手掛けている「THEO」と一緒に始めたものです。 2018年5月16日から運用開始と…

日本で大人気の「1000万分の1」×「47%」投資のサンクコスト呪縛よりも着実な資産形成へ

以前、家庭内の資産をできるだけ株にしている人がいて、普通預金なんかにいれておくよりも良いとか、高配当銘柄が安心だとか言っているので、この人凄いなと感心していました。 けれど、ある一言で、その感心度合いも急落しました。 「あ、年末の宝くじ当た…

「ATM時間外手数料」を節約する一押しメガバンク!少額でも給与受取にすることで条件達成可能!!

最近のブログの記事では、投資信託(インデックスファンド、アクティブファンド)のことを多く書くようになりました。投資信託のことを考えると、必ずコスト、いわゆる手数料の問題がでてきます。 今日は、少し志向を変えて、同じ手数料でも、時間外手数料の…

遂に!14年目で10万km超の車を買い替える!?車の資産価値を疑問に感じながら考える…

最近、家計の中で少し悩んでいることがあります。 それは、『車を買い替えるか』ということです。 今乗っている車は、平成16年式なので、今年で14年目になります。 走行距離も今年初めに10万kmを超えました。 本来なら、そろそろ変え時かということだと思い…

バフェット氏語る!投資は「金」よりも「株式」にすべき理由は「金は何も○○出さない」から

バフェットが語る言葉には、信用だけでなく、実績に基づいた証拠があるので、否定するのが難しいと感じます。 自分が行っている投資が、基本的にズレていないかを客観的に判断するには、第三者の投資戦略と比較することが良いと思っています。 しかしながら…

【大型連休は何処に行った?】インフレ率低迷の要因は?デフレマインドの正体は?

大型連休になると、日頃行っているショッピングモールの客数が減っているように感じます。 我が家の場合は車で行くので、駐車場の混み具合でそのように感じます。 実際の売上などはどうなのかは知りませんが、大型連休になると何かと還元セールなどをやって…

「イヌが教えるお金持ちになるための知恵」で印象に残った3つの点

投資に役立つ本の紹介です。 今回は大人が読んでも十分参考になる本ですが、お金の感覚が付いた子どもが読んでも非常に良い本です。 私も娘には中学になった時くらいに読んでもらおうと思っています。 そのくらい良い本でした。 ■本の紹介 どなたかのブログ…

【便利アプリ発見】資産管理に使える家計簿ソフトの紹介!無料範囲でも十分使える機能

自動家計簿ソフトの「マネーフォワード」は、すでに600万人がインストールされているそうです。 私自身は家計簿に全く興味が無い上に、支払いはほとんどクレジットカードでやってしまうので、カードアプリで家計簿代わりに使用していました。 今回、「マネー…

【iDeCoとNISAの比較表】税金優遇のiDeCoを始める勇気の前に、家計で必要なたった一つのこと!

以前に少額投資非課税制度である「一般NISA」と「つみたてNISA」の比較と私の口座の持ち方について書きました。 どちらのNISAも一長一短であり、こっちが良いと決めつけるのは早いと思います。 実際、2018年に「つみたてNISA」がスタートしましたが、20年間…

2018コナン映画“ゼロの執行人”を観る前のお勉強はコレ!&イオンシネマでお得に映画を観る方法

ゴールデンウィーク真っ最中にコナンの映画と観てきたことと、やはりイオンシネマはお得だと思うことについて、今日は書きたいと思います。 映画情報はネタバレになるため余り書きたくないので、イオンシネマとイオン株のオーナーズカードとdカードの使い方…

同じ手数料1%でも、『アドバイザー付投資信託』と『アクティブファンド』は全く違う話

近年は、「つみたてNISA」や「iDeCo」の普及から、投資信託が浸透しやすくなっていると思います。ただ、資産形成や老後資金の為に投資をやろうと心掛けている人に限ってですけどね。 最近に投資を始めた人は、ロボアドバイザーとかAIなどといった、ちょっと…

2の法則!?老後資金は2人×20年間=2千万円を非課税口座で準備する

昨日の記事で3種のマネーについて書きました。 3種類のマネーと資産形成についての考え方 - なんでも道しるべ 日本人に根付いていない「運用するお金」について、過去の教育や遺言を恨んだところで、どうしようもありません。 ポイントは、 収入 - 「貯め…

3種類のマネーと資産形成についての考え方

2018年から「つみたてNISA」が始まりました。 「つみたてNISA」は年間40万円の運用益非課税枠です。 月単位で換算すると、33,333円となります。本当に微妙なルールだなと感じます。 したがって、上手に40万円分を使い切るには、33,250円/月として、どこ…

「倹約」と「ケチ」!同類の行動でも全く意味が異なるこれらの違いを考えておきたい

マネーに関して、「倹約」と「ケチ」の違いを考えたことはありますか? 「倹約」という言葉は、「倹約家」などといった感じで、マネーに関する使い方をします。 「節約」とはちょっと違うような、同じような、なんだかそんな感じがしますが、今日は、実際に…

幸福度とマネーとの関係から、年収アップよりも貯蓄アップを目指すべき!?

プレジデントオンラインで連載されている記事があります。 『幸福度』に関する記事ですが、人はどこで幸福度を高めることができるのか?ということです。 これまでの記事では、「地位財」よりも「非地位財」にお金を使う方が幸福度が高まるということでした…