なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

お金の話

【妻の一言】クレジットカードを「三井住友VISAゴールド」から切り替えない最強の理由!

本日はクレジットカードの話です。 人間というものは、お得な情報に弱いですが、反面、リスクにも敏感です。 最近はクレジットカードも高還元率なものが増えてきています。 現金払いがまだまだ多い日常ですが、ポイント還元などのセールスにより、使用しない…

【賞与・ボーナスの使い道】住宅ローンの繰り上げ返済を考えている人。ちょっと待った!

12月のボーナス(賞与)時期となりました。 12月10日前後に支払われる会社が多いようなので、10日の週は嬉しい気持ちになる人もいれば、去年より下がって悲しい気持ちになる人もいるかもしれません。 ボーナスが無いという会社もあるので、ボーナスを貰える…

子育て・教育の方向性を再考し、娘にはクリエイターを目指してほしいなと願う・・・

先日の記事では、『専業主婦は2億円損をする』という話を書きました。 橘氏の書籍内容の紹介と共に、私の考えを書きましたが、実際に夫婦正社員共働きを実践している我が家庭の事情から申し上げると、最も考え方を変えなくてはいけないのは旦那である男性の…

結婚や出産を機に「専業主婦」を選択する人がいるけれど、億単位の損をしている事実!?

周りの家庭を見ていると、家計が苦しいと言いながらも、専業主婦の家庭が多いです。 特に出産を境に専業主婦になっている家庭が増えています。 私は男なので、男性側の意見しか聞く機会はありませんが、各家庭で様々な事情があるのかな?と思います。 とはい…

世帯年収1,000万円なのに「片働き」と「共働き」では手取り収入に約50万円の差がある現実…

当ブログでは、夫婦正社員共働きのダブルインカムをお勧めしています。 共働きに関しては、世間では未だ女性側に負担が増えているケースが多いようです。 妻の話を聞いていると、女性同士で、共働きの苦労などを話しているようです。 我が家では、平日は妻の…

いつまでも若くない…30代と40代の貯蓄額中央値は20万円しか差がない理由!?

30代から40代への進むにつれて、今までの「当たって砕けろ」から「全体的にうまく調整する」という流れに持っていく人が多くなるのではないでしょうか。 仕事をしている人であれば、40代というと、約20年仕事をしているので、勝負時という勘が20代や30代の若…

【早寝は三文の徳】就寝時間と年間貯蓄額のふか~い関係!?

生活習慣と資産は深い結びつきがあると、最近、私は思っています。 ネット記事で、就寝時間と貯蓄の関係についてデータが載っていました。 そんなのが関係あるのか?と思いますが、考察を見ると確かにそうかもしれないとも思えました。 貯蓄は、収入-支出に…

私には『年金未納』期間があります。けれど『任意加入制度』で満額にできる可能性も…

老後のために年金はきちんと払っておきたい。 若い人は「年金なんて払っても自分たちの時代はもらえないでしょ」と思われるかもしれませんが。減額はあっても、もらえなくなるということは無さそうです。 各方面の方々が、『税金を投入してでも年金制度は破…

「夫婦正社員ダブルインカム」なら年金26万円をクリアできるはず!これが安心老後の全てだ!

老後資金で必要な金額は3,000万円と言われることが多いです。 中には、1,000万円で十分であるという根拠や、5,000万円必要だという話もあります。 私が思うには、そのような必要な金額は、何年生きるか、生活水準やスタイル、何をしたいか、持家なのか賃貸な…

「自分だけ安全に貯金で」と思っている人は、実は「自分は危険なポジションにいる」疑惑…

娘がハマっているNHK連続テレビ小説「まんぷく」で、これぞインフレという体験ができます。 なぜ娘がNHKの連ドラにハマっているのか分かりませんが、面白いと絶賛で、毎日録画している15分間ドラマを夜に見るのが日課です。 10歳の小学生でもハマるNHK連ドラ…

世間の大半の家庭は『収入不足』で悩んでいる…なぜなら生活に必要な月収は○○万円だから…

調査によると、毎月の支出額を把握している人は貯蓄が多いらしいです。 毎月の支出額を把握するのって結構難しいですよね。 家計簿を付けている人はきちんと把握しているかもしれませんが、私は家計簿反対派です。 その理由は、家計簿は労務対効果が非常に低…

年末調整で減税・所得控除の強力なツールとは? 強力な順位とは?

年末調整の時期がやってきました。 私の勤め先からも年末調整の書類が送られてきましたが、一つ苦言を言わせてもらうと、なぜプライバシーを守った状態で書類提出させてくれないのかな?と感じます。 最終的には総務部に提出するのですが、それまでに様々な…

30歳前後の女性の就職率は80%前後までアップ! しかし、パートタイムが約半数という現実…

当ブログはダブルインカムを勧めており、特に「夫婦で正社員共働き」をおすすめしています。 しかしながら、職場で周りを見ても、30代の家庭で専業主婦の世帯は多いです。 40代になると共働きの世帯が増えているように感じますが、私がおすすめしている「夫…

金融庁が共通KPIを公表!投資信託のコスト・リターンのプロットで明確な差が出た・・・

金融庁が取り組んでいる共通KPIによって、各金融事業者別に個人投資家の実態が明るみになってきています。 先日、日経新聞に載っていたランキングを当ブログでも紹介しましたが、遂に、金融庁がデータをまとめて公表しました。 「顧客本位の業務運営に関する…

東京では共働きが増え、世帯の1/4以上が世帯年収1,000万円超と急増中!

東京都では毎年「東京都福祉保健基礎調査」というものを実施されているようです。 地方では、都市部であっても毎年のようには調査はしていないかもしれませんが、さすが東京だなと感じます。 29年度は「東京の子供と家庭」というテーマで、子供を養育する世…

「副業推進」の一方で、「管理職になりたがらない人」が増えていることが問題視されている現実

副業推進という政府の方針発言もありつつ、一つの会社で働いているサラリーマンが多いのも事実です。 私の感覚では、副業と管理職というのは相反するものだと思っています。 というのは、管理職というのは会社内でマネジメント業務をしなければならず、通常…

家計に占める通信費が高い…率先して格安スマホに変える、安くなるのを待つ、どっちが良いか?

日々の生活費を抑える努力をすると、やはり一番目に付くのが、通信費です。 我が家の場合、スマホ2台に、タブレット、光ネット回線の計4回線と契約しています。 以前は、携帯電話2台や、スマホ2台だけで十分でしたが、子どもがネット通信で英語の勉強をする…

【住宅事情】「持家の住居費用の平均は3,400万円」「家を購入したことない比率は39%」と判明!?

人生3大資金とは、「住宅資金」「教育資金」「老後資金」です。 なぜこれらの3つが注目されるのかというと、1つに金額が大きいことと、2つに比較が難しいことが言えます。 当ブログでは教育資金のことを多く書いていますが、住宅資金についても少し触れてみ…

教育費抑制の考え方を再考してみる。子育て教育費こそ、真の遺産相続と考える。

「子育て教育費こそ、真の遺産相続」と私は最近考えています。 私の中では、老後生活到達時期に1億円の資産形成を行いたいと思い、マネー投資を行っております。 当ブログでも、我が家の投信を中心とした資産形成の取り組み、夫婦正社員共働きのススメ、リス…

【家計の管理】共働きの家庭に多いパターンは共有の財布と口座…出産による金銭ストレスを減らそう!

昨日の記事で、「生活費という財布」と「貯蓄用の口座」を夫婦のどちらが持っているかについて書きました。 主に多いパターンとしては下記の3つだそうです。 生活費の財布は妻、貯蓄用の口座も妻 生活費の財布は妻、貯蓄用の口座は夫 生活費の財布を分担、貯…

【家計の管理】生活費の財布と貯蓄用の口座はどちらが担当してる?一般的な3パターン

「毎月かかる生活費のお金って結構あるよな・・・」と私は思っています。 というのは、数年前から私名義のクレジットカードで出来るだけ引落しをしているからです。 妻は家族カードを持っていて、普段の買い物はクレジットカードで決済しています。 よって、…

あなたの証券保有額はいくら? 証券保有者の分布から自分の位置を知る

金融資産額とその中に占める証券保有額のアンケート結果がマイナビニュースに出ていました。(引用記事:個人投資家の証券保有額、「300万円未満」が半数、マイナビニュース、御木本千春、2018/10/3) 「貯金から運用へ」というスローガンと共に進めている日…

ピークアウトの備えとして今できることは、キャッシュポジションを徐々に上げることかなと思って…

昨日の記事では、「長期」「分散」「積立」の基本3原則と、ピークアウトに備える話を書きました。 ピークアウトの備えを考える前に、「長期」「分散」「積立」について、おさらいする・・・ - なんでも道しるべ 投資の基本3原則を全うするのであれば、市場が…

ピークアウトの備えを考える前に、「長期」「分散」「積立」について、おさらいする・・・

投資に関しての最近の話題は、リーマンショックから10年経過したので、どの時点で調整期に入るかという予測が増えてきています。 情報が多いので、混乱する人もいると思います。 実際、どのタイミングでピークアウトするのか分かりませんから、その予兆が見…

夫婦正社員共働きのダブルインカムで、退職金と年金で8,840万円を得る!

当ブログでは、子育てをしながらも夫婦共働きのダブルインカムを推奨しています。 一番の理由は、家計面におけるメリットが大きいからです。 その分、家事育児なども夫婦で分担しなければなりませんが、有給休暇を上手く取得しながら、近年の高性能電化製品…

パート勤務者への辛い改正検討中…年収106万円(月8.8万円)の壁が、年収82万円(月6.8万円)の壁に…

パートの方には厳しい法改正が検討されているようです。 年金の運用はかなり大変だという話は全国民が知っていることです。 少子高齢化に伴い、年金支給開始年を遅らせることが始まり、65歳が標準となりました。 今後もさらに開始年数を遅らせることや、年金…

目指せ!?パワーカップル! 要件は「夫婦共働き」で「互いに年収700万円以上」

ここ数年、夫婦共働きの世帯が増えていることから、「パワーカップル」という言葉を使う記事が増えてきました。 パワーカップルの定義は曖昧とのことですが、最近では夫婦共に年収700万円以上で、世帯年収として1,400万円以上を指すようになってきています。…

マネーは誰も運んできてくれません! 老後が不安なら自分で資産運用するしかない!

マネージンのネット記事で、現役世代へのアンケート結果が載っていました。 アンケート内容は、老後への不安や、老後資金の想定と現状の差、資産運用の有無や計画的な貯蓄についてでした。 とても参考になるアンケート内容ですが、その中で、やはり一番気に…

「ぬるま湯家計」チェックリスト9項目を“子育て”に当てはめて…思うことは?

先日の記事では、ぬるま湯家計のチェックリストについて書きました。 「ぬるま湯家計」に陥る9項目・・・当てはまるのは悪いこと?当てはまらないようにすべき? - なんでも道しるべ 驚きだったのが、自分自身が全て当てはまらなかったということです。 当…

「ぬるま湯家計」に陥る9項目・・・当てはまるのは悪いこと?当てはまらないようにすべき?

ネット記事で「ぬるま湯家計」という言い回しで、家計で過去に困った経験がないことや、家計に負荷がないことで、ぬるま湯家計になりやすいという指摘がありました。 その方がいうには、ぬるま湯家計により、今は困ってないけど今後がなんとなく不安という気…