なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

お金の話

教育費抑制の考え方を再考してみる。子育て教育費こそ、真の遺産相続と考える。

「子育て教育費こそ、真の遺産相続」と私は最近考えています。 私の中では、老後生活到達時期に1億円の資産形成を行いたいと思い、マネー投資を行っております。 当ブログでも、我が家の投信を中心とした資産形成の取り組み、夫婦正社員共働きのススメ、リス…

【家計の管理】共働きの家庭に多いパターンは共有の財布と口座…出産による金銭ストレスを減らそう!

昨日の記事で、「生活費という財布」と「貯蓄用の口座」を夫婦のどちらが持っているかについて書きました。 主に多いパターンとしては下記の3つだそうです。 生活費の財布は妻、貯蓄用の口座も妻 生活費の財布は妻、貯蓄用の口座は夫 生活費の財布を分担、貯…

【家計の管理】生活費の財布と貯蓄用の口座はどちらが担当してる?一般的な3パターン

「毎月かかる生活費のお金って結構あるよな・・・」と私は思っています。 というのは、数年前から私名義のクレジットカードで出来るだけ引落しをしているからです。 妻は家族カードを持っていて、普段の買い物はクレジットカードで決済しています。 よって、…

あなたの証券保有額はいくら? 証券保有者の分布から自分の位置を知る

金融資産額とその中に占める証券保有額のアンケート結果がマイナビニュースに出ていました。(引用記事:個人投資家の証券保有額、「300万円未満」が半数、マイナビニュース、御木本千春、2018/10/3) 「貯金から運用へ」というスローガンと共に進めている日…

ピークアウトの備えとして今できることは、キャッシュポジションを徐々に上げることかなと思って…

昨日の記事では、「長期」「分散」「積立」の基本3原則と、ピークアウトに備える話を書きました。 ピークアウトの備えを考える前に、「長期」「分散」「積立」について、おさらいする・・・ - なんでも道しるべ 投資の基本3原則を全うするのであれば、市場が…

ピークアウトの備えを考える前に、「長期」「分散」「積立」について、おさらいする・・・

投資に関しての最近の話題は、リーマンショックから10年経過したので、どの時点で調整期に入るかという予測が増えてきています。 情報が多いので、混乱する人もいると思います。 実際、どのタイミングでピークアウトするのか分かりませんから、その予兆が見…

夫婦正社員共働きのダブルインカムで、退職金と年金で8,840万円を得る!

当ブログでは、子育てをしながらも夫婦共働きのダブルインカムを推奨しています。 一番の理由は、家計面におけるメリットが大きいからです。 その分、家事育児なども夫婦で分担しなければなりませんが、有給休暇を上手く取得しながら、近年の高性能電化製品…

パート勤務者への辛い改正検討中…年収106万円(月8.8万円)の壁が、年収82万円(月6.8万円)の壁に…

パートの方には厳しい法改正が検討されているようです。 年金の運用はかなり大変だという話は全国民が知っていることです。 少子高齢化に伴い、年金支給開始年を遅らせることが始まり、65歳が標準となりました。 今後もさらに開始年数を遅らせることや、年金…

目指せ!?パワーカップル! 要件は「夫婦共働き」で「互いに年収700万円以上」

ここ数年、夫婦共働きの世帯が増えていることから、「パワーカップル」という言葉を使う記事が増えてきました。 パワーカップルの定義は曖昧とのことですが、最近では夫婦共に年収700万円以上で、世帯年収として1,400万円以上を指すようになってきています。…

マネーは誰も運んできてくれません! 老後が不安なら自分で資産運用するしかない!

マネージンのネット記事で、現役世代へのアンケート結果が載っていました。 アンケート内容は、老後への不安や、老後資金の想定と現状の差、資産運用の有無や計画的な貯蓄についてでした。 とても参考になるアンケート内容ですが、その中で、やはり一番気に…

「ぬるま湯家計」チェックリスト9項目を“子育て”に当てはめて…思うことは?

先日の記事では、ぬるま湯家計のチェックリストについて書きました。 「ぬるま湯家計」に陥る9項目・・・当てはまるのは悪いこと?当てはまらないようにすべき? - なんでも道しるべ 驚きだったのが、自分自身が全て当てはまらなかったということです。 当…

「ぬるま湯家計」に陥る9項目・・・当てはまるのは悪いこと?当てはまらないようにすべき?

ネット記事で「ぬるま湯家計」という言い回しで、家計で過去に困った経験がないことや、家計に負荷がないことで、ぬるま湯家計になりやすいという指摘がありました。 その方がいうには、ぬるま湯家計により、今は困ってないけど今後がなんとなく不安という気…

あなたはどっち?iDeCoの引上げ検討開始のニュースは好意的か?悲観的か?

iDeCoが100万人突破の勢いというニュースと共に、少し気になるニュースも出てきています。 それが、「iDeCoが60歳から65歳に引き上げ検討開始」というニュースです。 この年齢引き上げを好意的に捉える人と、悲観的に捉える人がいますが、どうでしょう? 60…

子育てパパ向け「男性向けチェックリスト」が良い点を突いていると思う!

当ブログでは、ダブルインカムを推奨しています。 マネーの面からは、収入-支出=貯蓄であり、貯蓄をアップさせるには収入を上げるのが最も早い解決法だと思うからです。 また収入を上げるのには、一馬力では稼ぎが限られています。 夫婦で共働きをして、ダ…

初めての豪ドル金利の支払い案内が来た!年利は2.2%だったが、多いとみるか、少ないとみるか?

豪ドルの外貨預金の金利支払い案内がきました。 まあ、私の場合は、外貨預金といっても保険の商品で、加入してほしいとお願いされて入っています。 通常の外貨預金に比べると手数料も高いですし、複利の点からもデメリットが多い保険商品ではありますが、非…

小・中学校のオール私立とオール公立の学校費用の差は1,100万円で4倍!

小学校から高校まで、オール私立とオール公立では3.5倍もの差があります。 「学費に3.5倍かけて私立に行かせる必要あるのか?」 「3.5倍かけるだけでオール私立の教育ができるのか?」 皆さんは、どちらの意見でしょうけ まあ、ほとんどの人が前者で、3.5倍…

楽天証券がtsumiki証券に対抗して、投信積立で楽天スーパーポイントを1%還元される!

「やはり来たか!」と思いましたが、意外と素早い対応だと感心しました。 先日、丸井グループからtsumiki証券が立ち上がり、クレジットカードであるエポスカードで投資信託の積立が可能になるという記事を書きました。 クレジットカードでショッピングだけで…

メイン口座変更による引落変更手続きを考えると、クレジットカード支払が究極に楽な話!

メイン口座を変更することになり、料金支払いなどはできるだけクレジットカード支払にした方が良いと強く思ったというエピソードです。 メイン口座は、通常、給与振込のメイン口座にしている人が多いと思います。 口座引落などがある場合は、そのメイン口座…

「ギャンブルのようだ」「まとまった資金がない」「怖い」 これらの言い訳がある限り…

「貯金から投資へ」を進めるためには、子どもの時から、学生の時から、株式や投資というものをザックリとした形でも知っておいた方が良いと思っています。 とあるネット記事で、大学で講義している先生が、学生にアンケートをした集計結果が載っていました。…

厚生年金の月収要件引き下げを検討…パート労働している家庭は働き方を再考する必要あり

日経新聞のニュースで、厚生年金のパート労働者への適用対象を拡大するという検討が開始されると書かれていました。 夫婦共働きの家庭が増えている中で、このニュースは非常に大きな影響を与えそうな気がします。 ■パート労働者の月収要件引き下げ ニュース…

米国株が上昇中! S&P500指数が1月以来の高値更新だが、年末に向けての投資スタイルは?

米国株が上昇中です。 2018年1月、世界的に株価が高値を更新して、ここ数ヶ月は低迷していました。 米国利上げ、VIX指数の高騰、貿易摩擦、等々が要因で、株価はボックス相場でありました。 ここにきて、米国企業の業績が良好であること、利上げも徐々に行う…

増える共働き・・・同じ職場で共働きをするデメリットを2つ挙げる

近年は共働きの家庭が増えています。我が家も共働きです。 どの年代層の夫婦でも過半数以上は共働きとの統計とのことで、今後も増えていくと想像できます。 専業主婦に憧れるという話もありますが、私の感覚としては、女性はそんな夢物語を追っかけずに、結…

投資「勝っている人」「負けている人」の比較が面白い!結局は○○だなと感じる

日経マネーから面白いアンケート記事が出ていました。 毎年このアンケートがあり、今回で12回目となるそうです。結構、何度もやっているのですね。 この記事では、2015年~2017年の投資で、「勝っている人」と「負けている人」の特徴が書かれていました。特…

ケチな貯金をせずに上手に貯蓄!貯金に励む人と貯蓄する人の考え方の違いとは…

『貯金額』に目標を定める意味はあるのか?について、皆さんはどのように考えますか? 『貯蓄額』ではなく、『貯金額』です。 この貯蓄と貯金が似ているように違うので、注意が必要です。 貯蓄は運用も含めていますが、貯金はあくまで貯金となります。 普通…

教育投資の収益率は7%程度だと言われているが、教育の時期が大切で、できるだけ早く!!

子どもへの投資の利回りは7%程度だと言われています。 以前の記事から7%ということは書いてきましたが、利回りという言い方は少し変かもしれませんね。 「教育投資の収益率」と言った方がいいかもしれませんね でも、この収益率はマネーの投資と違って、…

「消えた33兆円」「投資信託のピークは2014年の4.6%」投資信託は本当に広がるのか?

「消えた33兆円」 これでピンときている人は、投資信託に精通していますね。 新聞各社や投資信託の運用会社などは、このニュースをかなり取り上げていました。 特に投資信託の運用会社はショックだったようで、日銀のミスは大きいという表現をしています。 …

貯蓄の多い人が、“他人に決して本当の貯蓄額を言わない”理由とは・・・

人は貯蓄があっても、貯蓄金額や、そもそも貯蓄があることを他人にペラペラとは話しません。 貯蓄があっても「隣の人に貯蓄額を絶対に教えない訳」って何でしょうか? 今日はそれを考えてみたいです。 ■他人の貯蓄額は基本的に不明 過去の記事で、国民生活基…

「投資していることを忘れるくらいが良い」は余りおすすめでない理由

日本では投資運用を家計に取り入れている人が少ないというのは周知の事実です。 家計統計結果でも、株式や投資信託で資産を保有している割合は10~20%であり、まだまだ貯金が過半数を占めているようです。 子どものことから貯金を植え付けられてきて、今に…

インフレターゲットに関する私の所感…「2%達成しないけど、デフレにも戻らない」そんな感じ?

先週は7月30~31日の日銀発表に揺れて、債券市場が久々に活気づいたということで、日本市場がここまで注目されたのは久しぶりでした。 その後、日銀が長期金利をゼロ%程度に抑えることもう少し緩める的な発言をしたことで、8月に入ってからも、どこま…

『WealthNavi』で富裕層の資産配分に近づける!?「金」と「不動産」にも分散投資がポイント?

先日の記事で、富裕層の方々の運用に関する資産配分について書きました。 暴落時に備えて『現金を持つ』か? 機会損失の回避に『現金を持たない』か? - なんでも道しるべ いつかは富裕層の方々の真似をして運用したいなと思います。 我が家はまだまだ資産残…