なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

家庭内ビオトープ“2”と、妻の事件簿と子どもの性格

f:id:anyguidepost:20170705221332j:plain

我が家のメダカに進展がありました。

 

ついに、家庭内ビオトープ2を造りました!

それは何故か・・・

メダカの赤ちゃんが大量にいるからです。

ビオトープ1で赤ちゃんを育ててましたが、やっぱり多いなと思い、メダカの占有面積が狭くなっていると感じたからです。

それに、どんどん成長しているので、狭いと可哀そうに思えます。

ある本によると、メダカ1匹で1Lの水といいます。

厳密に量ったことないですが、やはりメダカの数が多いような気がしました。  

 

いざ、ホームセンターへ 

思いたったら即行動の我が家は、日曜日の夜の外食のあと、雨の中、前回と同じでホームセンターに直行。

最近、家庭内ビオトープが流行っているのか、プチビオトープとの名称で土入り水草が売られていました。

睡蓮鉢石類水草を購入して帰ると、さっそく妻は、雨のなか、メダカの家造りをしていました。(感心)

さて、娘はといいますと、ホームセンターにも行かず、家造りも手伝わず、家でテレビ鑑賞に励んでいました。

が、出来上がると、見たい!見たい!と言ってとんで来ました。

なんで、もう一つ造ったん??」と能天気な質問をされながら、その日は終えたかと思うと・・・

 

なんだか、妻が焦っている様子 

私:「どうしたん?」と聞くと、

妻:「水草用の肥料を買ったんだけど、よく見たら、『魚の観賞用の水槽には使わないで下さい』って書いてある」

確かに書いてある。

妻:「すでに肥料を入れちゃって、かなり奥に入れたから、肥料を取り出せなかった・・・だから、メダカを一旦避難で移し替えた(焦)」

私:「ちょっと成分を見せて」

見てみると、そんな魚に悪影響のありそうな成分は書いてないなと思い。

私:「たぶん、メーカーが何かあったときに責任が取りたくないから、記載してるんちゃう。『高級魚が死んだ』とかクレーム入ったら困るし」

妻:「そうなん(焦)、良かった、大丈夫なんやな。焦って、汗かきながら、メダカを非難させたわ」

という事件がありました。

メダカを全部避難させれてないとのことなので、その後のメダカの様子には今のところ変化はないですが(3日目)、どうなるでしょう?

死んだら俺のせいなんやろな...

 

ベゴニア・ダブレット 

ところで、ベゴニア・ダブレットという花を植えているのですが、この花、凄いです。

どんどん花を付けます。鉢が小さかったかもしれないほどです。

ちなみに、娘が、「欲しい!欲しい!」と言って買ったのです。

鉢に植えるところは、私に聞きながら一生懸命やってました。(感心、感心と思っていました)

が、

水やりは、まだ3回しかしてません。

ここまで育てたのは、、そして、です。

子どもの欲しい!欲しい!ってそんなもんです。

でも、綺麗に咲いてきました。

f:id:anyguidepost:20170705221436j:plain