なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

京都で一番好きな場所は、“水路閣”ですね

f:id:anyguidepost:20170710201238j:plain 

水路閣(南禅寺境内)の紹介

京都生まれの妻が、京都で一番好きな場所が水路閣です。

正式には南禅寺水路閣で、南禅寺境内にあります。

レンガ造りでアーチ型をしていて、また、周辺の南禅寺の落ち着いた雰囲気の中にあるので、とっても癒されます。

去年のGWに久しぶりに行きましたが、観光客が多かったですね。でも、他の所に比べると少ないと思いますよ。静かで良いところです。

でもおすすめは、ただ水路閣に行くだけではなく、水路閣を目指し、そしてさらに水路閣の上を通過する散歩がとっても楽しいです。

10年以上前の学生時代に、何回か家から散歩しながら行きました。

 

散歩コースを紹介 

学生時代に叡山電鉄周辺に住んでいたことがあり、休日に、結婚前の妻と「哲学の道」を何度か歩きました。

家から、まずは、哲学の道に向かいます。

銀閣寺の西側から「哲学の道」とされているようですが、実は、銀閣寺の北側にも散歩道があり、哲学の道につながります。

細い散歩道ですが、桜の木があり、春先はとっても楽しいです。

当時の記憶ですが、人が多かった印象があります。今は観光客も増えているのでもっと多いかもしれませんね。

銀閣寺を通過して、哲学の道をひたすら歩いて、南禅寺を目指します。街中でない長閑な雰囲気が楽しいです。

途中で人力車にも出会います。「いつかは乗りたいな」と学生時代は思ったものです。(まだ乗ったことないけど・・・)

南禅寺に到着したら、境内を東に行って、水路閣に向かいます。

これだけでは終わりません!

水路閣の左側から水路閣の上に上ることができます。

その後のコースは意外と知られていませんが、水路沿いに歩いて、蹴上インクラインに行くことができます。

桜のシーズンは上の公園からの景色も凄くいいです。

インクラインの線路の上を歩くと、名探偵コナンの映画「迷宮の十字路」のワンシーンの気分になれますよ。

今度、『この映画の(最近流行ってる)聖地巡礼でもしようかな』って思ってます。
弁慶石はこの映画が出てすぐに行きました。三条河原町からすぐの場所にあるので、最近も行って子供に見せました。

インクラインを下りて、疎水記念館に行って涼んで、バスに乗って帰る。

というのが散歩ルートです。

 

疎水記念館の近くには京都市動物園がありますが、学生時代は行かなかったですね。(笑)

子どもが生まれてからは、保育園の遠足や、ウサギに触りたいとかで何度か行きました。

京都の紹介といいながら、写真があまり無かったので、次に行く時はもっと写真を撮って紹介したいと思います。

もう一度、哲学の道から散歩したい気もしますが、え~しんどいやんって妻に言われそう。歳とりました。