なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

娘が1年ぶりに食べた、極上の抹茶スイーツ、ふわふわ『雪氷』の紹介です。

以前の記事で祇園祭の宵山のことを書きました。

メインの長刀鉾を見て終わりと思いきや、娘は例の『かき氷』を目指しました。

21時を回っていたのですが、このかき氷を食べないと帰れない感じです。

www.anyguidepost.com

 

その名は『雪氷』

 

f:id:anyguidepost:20170721164241j:plain

去年にふと見つけて食べたのがおいしかったのか、祇園祭といえば『かき氷』の印象が強いようです。

ずっと「かき氷が食べたい!」「かき氷が食べたい!」と言っていましたので。

さて、今回はその『かき氷屋さん』の紹介です。

そのかき氷は『雪氷』といって、抹茶の氷をかき氷にしています。

なので、シロップがかかっているかき氷と違い、味の濃淡はありません。

また、抹茶のお菓子の店が出しているので、抹茶味が格別に旨い。

私が食べても「これは旨い!」と思うので、子供にとっては絶品なのでしょう。

娘は去年も今年も一人で1つ全部を食べていました。(笑)

値段は500円です。まあ、高くもなく、安くもなくって感じでしょうか。

続いて、祇園祭だけの特別仕様のご紹介です。

 

祇園祭だけの特別仕様

 

祇園祭の時だけ特別仕様の『雪氷』になっています。

それは、『抹茶のわらび餅』が雪氷の中に入っているからです。

最後まで出てこないので、『冷え冷え』になった『抹茶わらび餅』が冷たくて美味しいんです。

それに抹茶のお菓子の店なので、もともと『抹茶わらび餅』がとっても旨い。

f:id:anyguidepost:20170721164519j:plain

なので、『抹茶味の雪氷』と『抹茶わらび餅』のコラボが祇園祭の時しか味わえないということです。

祇園祭以外で行ったことがないのですが、お店の人に頼んで、わらび餅代を払えば入れてくれるのかな?

つづいて、店の場所のご紹介です。

 

お店は『茶和々(さわわ)』です

 

私たちが行ったのは、四条通にある店ですが、本店は錦市場の中にあるようです。

四条通の店は四条河原町の交差点の北西にあります。少し歩けばすぐ分かります。

f:id:anyguidepost:20170721164710j:plain

お店はこんな感じです。

f:id:anyguidepost:20170721164859j:plain

こんなノボリと看板が出ているので、すぐに分かると思いますよ。

f:id:anyguidepost:20170721165013j:plain

f:id:anyguidepost:20170721165106j:plain

その他にも抹茶のお菓子はたくさんあります。

実は私は、抹茶ソフトクリームを食べました。それも濃茶ソフトです。

めちゃめちゃ濃いくて美味しかったです。

 

そういえば、祇園祭も前祭と後祭に分かれたので、

(といっても、昔はそうだったようで、昔に戻したということのようです)

まだ、祇園祭の特別仕様に間に合いますね。7/24迄です。

ぜひ一度食べてみてください。