なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

暑い夏を超えて、水草が巨大化していた。メダカも成長中

f:id:anyguidepost:20170831212241j:plain

最近、メダカの状況を書いてなかったので、近況報告です。

以前の記事で、メダカの水槽をプチビオトープにしていることを書きました。

www.anyguidepost.com


この暑い夏を乗り越えたメダカは元気に育っております。

先週末に、朝晩が若干涼しくなったので、メダカの水槽を手入れしました。

水草がこの夏にドンドン成長していって、水槽をほぼ覆っているような感じになっていましたので。

夏の日差しが暑いので、陰になるようにと、水草はそのまま放置していました。

それが良かったのか分かりませんが、もともとメダカは強いので、この暑い夏を乗り越えました。

赤ちゃんメダカの水槽はプチビオトープにしていますので、水はきれいでした。

タニシ?が多く発生していたので、少し出て行ってもらいました。(笑)

水草(ホテイ草)が巨大化していたのですが、その分、根っこも長く、量も増えてました。

水槽の中がかなり狭くなっていたのかもしれませんね。

ホテイ草は、親メダカの方には少し残す程度で、ほとんど廃棄しました。

秋にも卵を産むかもしれないとのことで、親メダカにはホテイ草を入れています。けど、根っこが長いなぁ(笑)

妻曰く、「ホテイ草は冬は越さなかった」とのことなので、また春の産卵期に買い直しです。

f:id:anyguidepost:20170831212130j:plain 

 

赤ちゃんメダカの成長

 

赤ちゃんメダカですが、この夏でかなり成長していて、親メダカばりに大きくなっている子もいました。

中にはそれほどサイズが変わらないなと思える子もいまして、かなり差があります。

人間でも成長差があるので、メダカにもあるのでしょうか?分かりません。

プチビオトープの効果はバツグンで、水替えは一切していないのですが、上の方の水が澄んでいたので、問題ないと判断しました。

水槽の下の方は、土があるせいか、少しかき混ぜると汚れが上ってきます。

まあ、これも自然に近いといったら近いのかな?と思います。

微生物がおそらく発生しているので、残ったエサや、他の栄養分などで、循環できているのではないかと思っています。

このまま、様子をみようと思いますが、一つ問題が。

 

子メダカが多すぎる

 

赤ちゃんメダカというか、子メダカが多すぎるような気が。

産まれたての頃は小さいのでそれほど多いような気がしませんが、成長してきたら目立つので数が多い気がします。

このまま親メダカになってしまうと、おそらく全員は入れないような感じです。

さて、どうするか?

嫁に出すか、水槽を増やすか...

狭い家なのに、どうしようかな...