なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

夏の暑い夜に、御手洗川足つけで涼しさを満喫し、金運アップしたら言うことなし

9月に入り、朝晩かなり涼しくなってきました。

盆休みの京都の記事を書くのをすっかり忘れていました。


盆休みに、北野天満宮でやっていた「御手洗川足つけ燈明神事」を体験してきました。

上七軒で8月11日(金・祝)に盆踊りをやっていましたので、その帰りに寄ってみました。

上七軒の盆踊りは楽しかったのですが、ほぼ終盤の時に行ったので、終わりかけでした。

毎年やっているので、来年も京都に居たら、ぜひ最初から行ってみたい行事ではあります。

 

■北野天満宮「御手洗川足つけ燈明神事」

 

さて、北野天満宮の「御手洗川足つけ燈明神事」ですが、8月7日に御手洗祭と七夕祭があり、そのあと、盆休みの16日までまで、川足つけを実施していたようです。

京の七夕は8月5日~16日まで開催していたようです。

家族で行ったのが夜だったのですが、実施時間は午前9時~午後8時までとのことで、珍しく北野天満宮も夜に開いていました。

通常は夕方には閉まってしまう北野天満宮ですが、京の七夕のシーズンは夜もライトアップして開けています。

ライトアップは笹飾りにされていますので、いつもの天満宮では無いような、なかなか綺麗な様子が見れます。

f:id:anyguidepost:20170909165330j:plain


夏の暑い日に、川足つけは気持ちよかったです。

夜に行きましたが、京都の夏は暑いので、昼間はもっと人が多いような気がします。

昼間の様子が分からなかったのでレポートできませんが、来年は昼間にでも行ってみようかと思います。

 

■ロウソクを選んで、川に入ります

 

 「御手洗川足つけ燈明神事」は初穂料300円で参加できます。

ロウソクがもらえるのですが、5色あります。

娘は何色にしようかと迷っていましたが、好きな紫色を選んでいました。

私はやっぱり金運アップで黄色でしょってことで、黄色のロウソクにしました。

f:id:anyguidepost:20170909165450j:plain


靴と靴下を脱いで、川まで歩いて行きます。

天満宮の中にスノコがたくさん敷いてあったので、なんだろう?と思っていたのですが、川足つけで裸足にはるので、ルートにスノコを敷いていたようです。

川に入って、何か所かに置いているロウソクの火から火をもらって、歩いて行きます。

たったこれだけなのですが、暑い夜に冷たい水の中をあるいているので、気持ちよかったです。

娘は、「もっと居たい」となかなか水の中から出てきませんでした(笑)

f:id:anyguidepost:20170909165609j:plain


川から上って、敷いてあったスノコを歩いて、ロウソクをお供えして終了です。

靴下と靴を履く場所もありました。

盆休み、ちょっとした夜の散歩には良かったです。