なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

車の悩み…買い替えるか?そのまま乗るか?いつ買うか?壊れるまで乗るか?

いま、とても悩んでいることがあります。

それは・・・、『車を乗り換えるかどうか?』です。

我が家の車はもうすぐ15年が経過しようとしています。次の車検で15年です。

中古車で買ったので、私が所有したのが10年で、前のオーナーが5年所有していました。

現在の走行距離が11万kmを超えてきました。

私が購入した時は、2万~3万kmの間あったので(正確には忘れました)、だいたい8万~9万km乗っていることになります。

最近は、子どもの関係で乗ることも増えており、妻も通勤で使用していますから、ほぼ毎日動いていることになり、以前に比べて、走行距離の延び方がグッと上がりました。

15年物であり、11万kmオーバーの車。

本来なら、乗り換えても不思議ではありませんが、やはり資産形成・資産運用を心掛けていると、車の所有が無駄という意識が働くので、非常に悩んでしまいます。

■悩みの回想

「車の所有そのものが無駄の塊」

「車がないと困る」

「乗れれば何でも良い」

「せっかく保有するなら好きな車」

これら4つが私の頭の中にあります。

f:id:anyguidepost:20190207182531j:plain

実際に、車の経費は、車両代は当たり前ですが、燃料費、保険、車検代、税金など多岐に渡ります。

車の所有そのものが本来は無駄であり、あまり乗らないのであれば、その度にタクシーを使った方が総合的には得であるというのは間違いないと思います。

しかしながら、現状は毎日乗っているのが現実です。

今は車が無かったら、ほぼ365日タクシーを使わなければなりません。

おそらく、子どもが高校を卒業するくらいまでは確実に必要で、あと8年は毎日使うと思っています。

そうなれば、車を保有していたほうが得であると思います。

したがって、「車が要る」「車は要らない」の議論は私の中では、あまり意味がありません。

■悩みのポイント

続いて、どんな車に乗るかです。

「乗れれば何でも良い」

「せっかく保有するなら好きな車」

これは永遠の課題なのかもしれません。

車を趣味としている人なら何でも良いとは言えないでしょうね。

私はどちらかといえば、乗れれば何でも良いと考えるタイプなのかもしれませんが、やはり毎日乗っていると、フツーの車だと飽きてくる感覚もあります。

その辺りが今回の悩むポイントになっているのだと思っています。

さらに、妻は、結構その点のこだわりがあり、「こだわるなら自分の欲しいもの」という感覚があります。

妻はかなり両極端で、「こだわって自分のほしいもの」にするか、「意見が通らないなら、もう何でも良い」というタイプです。

したがって、こだわって車を買うならかなり費用がかさみますし、とりあえず乗れれば何でも良いのなら安い車で良い訳です。

■新車?中古車?こだわる?何でもよい?

さらに、車を買う場合、新車にするか、中古車にするかという選択肢もあります。

組み合わせを掛け合わせると、「新車」or「中古車」×「こだわる」or「何でもよい」を考えることになります。

「こだわる」のであれば、おそらく中古車はNGでしょう。

中古車でこだわっても自分が望むものが見つかる可能性は低いです。

また、一番の問題点は、誰が使ったのか分からない車であり、整備状態も分からないので、不安が残ります。

したがって、「こだわり」があるのなら、新車でないと駄目ですね。

その場合、新車は高価であることがデメリットになります。

■新車か、中古車か

車を安く手に入れるのであれば、「何でもよい」を通すしかありません。

その場合、新車でもあっても車両や維持費が安い車種を探すか、中古車であっても年式が古いものや走行距離の長いものは安くなります。

したがって、「何でもよい」のであれば、探すのは問題ありません。

しかしながら、結局、車を所有するために必要なコストは当然ながらかかるので、いくらでも安くなるわけではないです。

例えば、150万円で5年落ちの中古車を買ったとしても、維持費にかかるお金はかかるわけですから。

その時にかかるお金は、一つ意見として、新車よりも部品等の交換で値が張るとも言われています。

その意見が正しいのであれば、中古車であっても、新車であっても同じようにお金はかかるということです。

新車というプレミアム価値は、車種にもよるかもしれませんが、庶民的な車であれば、50万円~150万円といったところでしょうか?

ただし、中古車よりも新車の方が長く乗れる可能性はあるわけで、最初の車検が3年になることを差し引けば100万円程度のプレミアム価格として考えれば良いかなと思っています。

■結論としては100万円程度の差かな

結論としては、私が導きだしているのは、下記です。

「こだわり」を持って、車種などにもこだわり、100万円程度のプレミアム価格を払って、「新車」を購入する。

もしくは、

「何でもよい」という感覚で、「中古車」を探し、100万円程度を安く済ませて購入する。

ということです。

もう一つとして、「何でもよい」感覚で「新車」を買うという手もありますが、その場合は、「新車」というプレミアム価格を払いながらも、「乗れれば何でもよい」という中途半端な状態になります。

まあ、数十万円は安く済ませるかもしれませんが、その程度でしょう。

どちらにしても、いつかは車を乗り換えなくてはいけないのは確かで、その時期が必ずきます。

今買うか、後で買うか、ということになるのかな?と思っています。

一番の悩みどころは、壊れるまでできるだけ長く乗った方が費用を先延ばしでき、資産運用ができるというメリットがあります。

しかし、急に壊れた時には、すぐに車が必要なので「こだわり」の車に乗れないというリスクがあります。

そのメリットとリスクのバランスをどう考えるかです。

車なんていつ壊れるか分からないので、年式が新しくても、古くても、壊れる時は壊れるものなのですが…。

年式が古く、走行距離が長いと、そのリスクが高まるというだけですけどね。