なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

今日は英検の合否発表日!いまの実力試しで受験した結果はいかに・・・

本日は英検一次試験の合格発表日です。

午後の発表ですが、受験された方はソワソワしていることでしょうし、子どもが受験した親であれば、自分のことのようにドキドキして発表時間を待っています。

今は、ネットで「合否結果閲覧サービス」ができるようになって、発表時間の瞬間はアクセスが一気に集まって、パンク状態になるのもしばしばです。

徐々に回線強化はされているようなので、以前に比べると少しは繋がりやすくはなっているようですが、やはり4級・3級となると受験者数も多いので、これらの級の発表時間帯はかなり厳しいようです。

一刻も早く結果を知りたい気持ちは痛いほど分かるのですが、少し時間をおいてアクセスしてみるか、光回線が遅い場合は、スマホのモバイル回線を使うなど、様々なアクセス手段を取れば、どれかが繋がるかもしれません。

今回、小4の娘が2級を受験しました。

秋の第2回実施日程で準2級を受験して合格できましたが、間隔も空けずに連続で2級を受験しました。

その理由は来年度にむけての準備です。

当たり前ですが、英検は級が上がるごとに、急激にレベルが上がります。

準2級の高校レベルから、2級となると高校卒業レベルなので大学入学程度になります。

したがって、高校レベルから大学レベルに一気に駆け上がることになります。

来年度に向けての準備のため、少しでも問題の質を知っておくことは、勉強において無駄になりません。

2級になると、受験料金も5,400円(準会場)と高額になってきますが、費用の問題ではありません。

経験は実力をつけるためにとても重要なのですから。

前置きが長くなってしまいましたが、合否発表の結果です。

■2級一次試験の合否結果!

娘(小4)の結果は、驚きの『合格』でした!一次試験突破です。

f:id:anyguidepost:20190212173828j:plain

いや、嘘なく、本当に合格には期待していなかったので、はじめ見たときは疑いました。

何かの間違い?と思ったくらいです。

でも、英検の合否結果の本人確認は二重・三重となっているので、間違いはないでしょう。

詳細の結果を見たら、娘っぽい点の取り方だったので。

■スコアは合格基準+6点のギリギリ合格

各要素・形式などの詳細結果は郵送されてくる用紙を確認しないと分からないのですが、各技能(リーディング、リスニング、ライティング)の得点は分かります。

結果は下記のとおりでした。

  • 一次スコア 1526/1950
  • 合格基準 1520
  • 英検バンド G2+1

どうですか?

スコア+6点です。(笑)

以前に3級でも同じことがありました。

3級の時はスコア+2点でギリギリ合格に安堵しましたが、今回のギリギリ合格は本当にラッキーだったと感じます。

運も実力のうちとは言いますが、まさしく、マークシートなので1つでもラッキーで正解していたから合格になったのだと思います。

なぜラッキーなのかというと、本当に全く準備をしていなかったからです。

「今の実力を試しに行こう!」ということで、ライティングも前日に字数を確認した程度で、リスニングは全く練習していませんでした。

リーディングは個人教室で少し2級の問題に触れていたそうですが、準2級との差に驚いて、「難しすぎる・・・」と言っていましたから。

それでも、1年後に合格できればと思っていましたし、2級なので2年後でも良いかとも私的には思っていました。

こんなに早く合格になるとは思っていなかったので、本当に驚いています。

■各技能別のスコア&正答数(正答率)

とはいっても、本人に実力がついているから合格しているわけですから、完全に運だとは言えません。

詳細は用紙が来た時点で紹介しますが、速報で分かっている範囲だけ挙げていきます。

各技能(分野別)のスコアと正答数は分かっています。

・各技能(分野別)スコア

  • リーディング 432/650
  • リスニング 489/650
  • ライティング 605/650

ライティングのスコアが際立っており驚きましたが、リーディングとリスニングもスコアはそれなりでした。

しかし!

正答数の結果を見ると仰天しました。

・各技能正答数(正答率)

  • リーディング 7/38(18%)
  • リスニング 16/30(53%)
  • ライティング 13/16(81%)

とりあえず見て驚くのが、リーディングの正答数です。

7問しか正解しておらず、正答率18%です。

それなのに、スコアは432も頂けているのですから、謎ですね。

逆にリスニングのスコアが低かったのでしょうか。

このスコア化は統計手法を使っているようなので、正答数とスコアが毎回一致することはなく、受験者の正答数なども考慮されているようなので、おそらくリーディングの正答率が低かったのではないかと想像しています。

■二次試験の準備が・・・(焦)

各技能の分析は、詳細シートが送られてきてから行いますが、まずは、一次試験の合格を素直に喜びたいと思います。

親の私としては、合格を期待していなかったので、二次試験用のテキストの準備を怠っており、少々焦って探しています。

でも、縁起を担いで、前回の準2級と同じテキストを使おうかと思って、さっそく書店に取り置き連絡をいれました。

(画像をクリックするとアマゾンのページに移動します)

これから2週間かけて準備を進めます。

二次試験の合格率は高いですが、少なからず不合格者もいることは確かです。

娘の年齢からしても、答えの内容が幼くなってしまい、不合格者になる可能性は十分にあると自覚していますので、十分に準備を進めていこうと思っています。

子育てをしていると、不意な喜びが降ってくることがありますが、今日はそんな日です。

小4で英検2級の一次試験を突破した娘を称えたい!