なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

「ATM時間外手数料」を節約する一押しメガバンク!少額でも給与受取にすることで条件達成可能!!

f:id:anyguidepost:20180518072348j:plain

最近のブログの記事では、投資信託(インデックスファンド、アクティブファンド)のことを多く書くようになりました。投資信託のことを考えると、必ずコスト、いわゆる手数料の問題がでてきます。

今日は、少し志向を変えて、同じ手数料でも、時間外手数料の面で、私がつかっている銀行のことを書きたいと思います。

どの銀行かというと、「みずほ銀行」です。

みずほ銀行のマイレージクラブ「うれしい特典」というサービスがあるのですが、が本当にうれしい特典なのです。

■メガバンクでもサービス良い!

みずほ銀行はメガバンクなので、「どうで手数料が高いでしょ?」と思っている人は必見です。

私も最初はそのように思っていました。(笑)

けれど、「意外とそこらの地銀や信用金庫よりも、全然サービスが良いじゃないか!」と思っています。

ちなみにきっかけは、みずほ証券が株主のワンタップバイに振り込むためを目的として、みずほ銀行に口座を開設しました。

でも使ってみると、意外と便利なので、ワンタップバイを止めてしまっても、みずほ銀行だけは使い続けています。

■「うれしい特典」は本当に嬉しく、特にATM手数料無料は絶大

みずほ銀行のマイレージクラブ「うれしい特典」は、以下の特典が受けられます。

  • みずほ銀行ATM時間外手数料無料(月何回でも)
  • イオン銀行ATM時間外手数料無料(月何回でも)
  • コンビニATM時間外手数料無料(月4回まで)
  • みずほ銀行本支店宛 振込み手数料無料(月何回でも)
  • 他行宛 振込手数料無料 <条件により、0回、1回、4回>
  • カード発行手数料
  • キャッシュカード補償(不正利用による障害を年間100万円まで補償)

この中で、重宝しているのが、1.みずほ銀行ATM時間外手数料無料、2.イオン銀行ATM時間外手数料無料、3.コンビニATM時間外手数料無料(月4回まで)です。

特に、イオン銀行のATMが手数料無料で使えるというのはかなり重宝しており、みずほ銀行のATMを探すのは大変ですが、イオン銀行はイオンに行けば必ずあるので、探す必要がなくなります。

また、週末の買い物ついでなどで利用することができるので、ATMに行くだけの無駄な時間も必要ないですし、家族に不都合を与えることも少ないです。

また、コンビニのATMは「イーネット」と「ローソン」と「セブン銀行」が入っています。

したがって、ファミリーマート、ローソン、セブンイレブンを探せば良いということです。

「月4回までというのが、今月使った回数が分からなくならないか?」と心配されると思います。私も心配しましたが、コンビニATMのレシートにきちんと何回目と表記してくれるので安心です。

私自身、みずほ銀行は、ローンの支払いや資産運用の橋渡し口座として利用していますので、あまり出し入れが無い方ですが、生活費で利用する口座にするとかなり便利なのではと思います。

ちなみに、他行宛振込み手数料無料は、預金残高・クレジットカード利用・証券取引・NISA口座・ローン関係などの条件があります。

残念ながら、私はこの条件にはクリアしません。理由は、みずほ銀行やみずほ証券で取引はしないですかね。金利が安く、手数料が高すぎるからです。

■特典を受けるには、「インターネットバンキング加入」+「取引条件」

「うれしい特典」を受けるための条件ですが、まず絶対条件が2つあります。そして、さらに付加の取引条件が必要で、それは後述します。

・絶対条件

  1. みずほマイレージクラブの加入
  2. みずほダイレクト(インターネットバンキング)の契約、または、かんたん残高照会の初回登録

みずほマイレージクラブは何も考えずに加入すれば良いです。特に弊害なし。

2016年12月末に新たに加わったのが、2.の条件らしいです。

インターネットバンキングの契約は、結構ハードルが高いような気がします。

私はあまり気にせずに利用していますが、同じ年代の妻でさえ、最近ネットバンクを利用するようになったくらいですから。

そんなに難しくないのですが、やはりネットというものに信用が無い人はいると思います。

でも、私が思うには、みずほ銀行のインターネットバンキングは、アプリが結構使いやすいです。

最初の設定や、スマホを機種変更した時の再設定には、ハガキを再送してもらったこともあり面倒ではありますが、設定を一度やってしまえば、かなり楽に使えます。はっきりいって、通帳要らずになります。

■取引条件として「給与受取」するだけで、この特典が受けられる

続いて、付加の取引条件ですが、下記のいずれか1つが必要となります。(ここでは、他行宛振込手数料無料の条件は外しています)

・取引条件

  • みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)の利用
  • みずほ銀行などの円預金残高などが30万円以上
  • 給与受取
  • 25歳未満の学生
  • 引落口座をみずほ銀行にしているオリコカードの利用(毎月3千円以上)

2016年12月末に少し条件が変わったという情報で、そのなかで、給与受取が加わったそうです。

給与受取の金額までは指定はなく、明細に「キュウヨ」と入ればOKとのことでした。

実際に私は、会社から数万円だけをみずほ銀行に給与振込してもらっています。

とりあえず給与受取をすれば良いということなので、これでこれらの特典が受けられるのはかなり便利だと思います。

私はこのような条件変更などは知らなかったのですが、2017年盆休みにみずほ銀行で口座開設をしました。

まだ1年と少ししか経ってないので、知らない人もいるかな?と思って書きました。

無駄なATM手数料を払うくらいなら、給与受取をして、手数料無料でコツコツ節約をお勧めします。