なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

「ひふみ投信」のレオス・キャピタルワークスが上場延期を発表!

突如、発信されたニュースリリースに驚きました。

レオス・キャピタルワークスが上場を延期するということです。

つい先日まで、レオスが上場することで、投信を買うのが良いのか、上場株を買うのが良いのか、みたいな話になっていたと思うのですが、年末の上場を目前として、延期発表には驚きました。

■上場延期のニュースリリース

急きょ、12/20の夜に発表されたニュースリリースです。

グーグルのマイページに「ひふみ投信」のキーワードで引っかかりました。

内容を見て驚きました。本当にギリギリの段階で延期を決定したようです。

下記は、レオス・キャピタルワークスのホームページにアップされた内容です。

ニュースリリース2018.12.20
平成30年11月19日及び平成30年12月4日開催の当社取締役会において、当社普通株式の東京証券取引所マザーズ市場への上場に伴う募集株式発行及び株式売出しについて決議いたしましたが、当社のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の有効性について投資家保護の観点から深掘りすべき事項が発生し、平成30年12月20日開催の当社取締役会において、当該深掘りに時間を要するものと判断したことから、募集株式発行並びに株式売出しと、それに伴う上場手続きの延期を決議いたしましたので、お知らせ申し上げます。
なお、今後の上場手続きの再開時期につきましては、当該深掘り事案の結果を踏まえ、状況を慎重に見極めたうえで総合的に判断する予定です。
(引用:レオス・キャピタルワークスのホームページ、2018/12/20より引用)

理由は「コーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の有効性について投資家保護の観点から深掘りすべき事項が発生」とのことですが、具体的には何なのかな?と思ってしまいます。

社内システム的な部分なのかもしれませんし、その辺りの具体的な部分が書かれていないので推測になってしまいますが・・・。

私の勝手な推測をいうと、最近の基準価額の下落が発端なのかな?と思ってしまいます。

■推測の域は超えませんが・・・

推測の域は超えませんが、私の勝手な解釈で話を進めます。

f:id:anyguidepost:20181221171115j:plain

最近のひふみ投信の運用実績からいうと、今回の延期の判断は仕方のない部分があると思います。

上場すると株主にも企業実績の説明をしなければなりませんし、運用面では顧客にも説明しなければなりません。

今の運用状況で両者に説明をしっかりしなければならないのは、かなり大変だと思います。

特に、利益を上げることと、運用の為に必要な経費というのは、相反する部分もありますから、株主への利益追求と、投信受益者への業務の取り組みに関しては難しい判断をしなければならない部分もあると思います。

■レオスには「ひふみ投信」の基準価額下落を解決してもらいたい

ひふみ投信の基準価額は、2018年の1月末~2月初旬が高値域で、そこからドンドン下がってきています。

特に気になったのは、9月頃は米国・日本共に盛り返していたのですが、ひふみが投資している銘柄は全く上がってこなかったということです。

さらに、10月からの世界的な株価下落では、ひふみ投信の基準価額はインデックス指数を大きく下回る結果となっています。

2017年までのように、インデックス指数をアウトパフォームするような実績の時に、上場をするのであればポジティブインパクトとして取り上げられることが多かったと思いますが、今、上場すると叩かれる的が増えることになりかねません。

ここはまず、基準価額を上昇させて、SNSを中心に発信している個人投資家を納得させる運用をしてからの方が良いと思います。

そのような受け止め方を私はしており、今回、レオスの取締役会は賢明な判断だったと思います。

これまで様々な準備をしていたと思いますが、この延期判断はかなり勇気が言ったのでは?と思いますね。

■推測の域がさらに広がります

ところで、レオスとは全く関係のない話ですが、ソフトバンクIPOについて、初値から下落がかなり問題になっているような雰囲気です。

このソフトバンク問題がレオスの延期には影響しているのか?していないのか?

そんなところまで勝手な推測をしてしまいますね。

もし、レオスの株が同じようになってしまったとしたら、もう大変だったでしょう。

株式上場の話だけでなく、投信の顧客にも影響を与えていたと思います。

今回の延期の話は、おそらく、2019年1月の「ひふみアカデミー」で藤野氏が直接説明されると思っていますので、説明がきちんとされれば、当ブログでも取り上げてみたいと考えています。

■最後に

本日の記事は、昨日急に入ってきたニュースリリースを取り上げました。

今週は、株価の大幅下落に続いて、レオスの緊急取り上げは2件目です。

裏を返せば、それだけレオスのニュース発信はタイムリーだということだと思いますが、それにしても今回の延期ニュースは驚きました。

次は良いニュースをお知らせしたいですね!