なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

東京オリンピックの観戦チケット抽選結果!で悩みが増えました…

東京オリンピック(Tokyo2020)のチケットの抽選発表がありました。

私も抽選に応募して、何とかチケットを手に入れました。

当選したチケットは、日本人からしたら、それほど期待していない種目だと思いますが、私にとってはプレミアムチケットです。

なぜなら、何とかして1種目でも観戦したかったからです。

もし当選しなかったら沿道で観戦できる競技を見に行こうかと思っていたくらいです。

■どうしても観たいオリンピック

前回のオリンピックは冬季オリンピックの長野オリンピックでしたね。

年齢が分かってしまうのでアバウトにいうと、その時は学生でした。

学生なので当然ながら観戦に行けるわけでもなく、授業中に先生がスキージャンプのテレビ中継を見せてくれたくらいです。

その時はあまりオリンピックを生で観たいなどの関心はなかったのですが、今の年齢になると観たいです。

f:id:anyguidepost:20190629185507j:plain

今回、東京オリンピックが決まった時には、「何でもいいから観戦したい」、「オリンピックの雰囲気を味わいたい」と思っていました。

もちろん、日本がメダルを取るか取らないかの競技はとても興奮しますし、観戦していても楽しいと思います。

でも、そうでなくても、オリンピックの雰囲気を味わうことは一生に一度の経験だと思うのです。

海外からアスリートが集結しますし、海外からの観光客も大勢来ます。

今でも日本には観光で大勢の観光客が来ていますが、オリンピックはまた独特の観光客が集まりそうな気がします。

そんな雰囲気や空気に、娘を是非とも連れていきたいと思っていたのが、私の気持ちです。

そして自分自身も、もしかしたら、もう一生観戦できないオリンピックを味わっておきたいと思っています。

■チケット抽選の応募対策

チケットの抽選では、私と妻の2つのIDを使って応募しました。

地方に住んでいますので、オリンピック観戦には東京まで向かわなければなりません。

今回のチケット購入ルールの一番の懸念ポイントは、「当選したチケットを全部購入するか」、「全部キャンセルするか」なのです。

当選した種目から購入を選択することができませんから、応募の時から戦略を立てなければなりませんでした。

取った戦略としては、1つのIDで、娘が観たいと言っている競泳のチケットと、開会式のチケットを組み合わせて応募しました。

もう1つのIDで、閉会式と最終土日の競技を組み合わせて応募しました。

当選確率が何とも分からないので、たくさん応募して全部購入することになったら大変ですし、厳選して応募しても全く当選しなければ悔しいので、応募枚数の選定に非常に苦労しました。

最終的には、ほとんど当たらないような気がしたので、2~3日で午前・午後・夕方・夜の競技を選んで、それぞれ第一希望と第二希望で応募しました。

■人気のないチケットをゲットしましたが、私にとってはプレミアムチケットです

チケット抽選結果ですが、水泳関係の種目でチケットをゲットしました。

あまり人気がない種目だと思われるので倍率が低かったのでしょう。

それでも、どんな種目であっても、1つは観戦したいと思っていましたので、当選して本当に良かったです。

人気のある種目も応募していましたが、ことごとく落選でした。

私自身は数セッションで当選していたので、意外と当たっている人が多いのかな?と思っていましたが、応募した種目が全て落選という人もかなりいらっしゃるようですね。

応募した種目が人気のあるものばかりですと、仕方のないことかもしれません。

■購入手続きは7/2(火)まで

チケット購入手続きが7/2(火)までとなっています。

これまでの状況から、おそらく最終日は混み合いそうな気がしますね。

「当選していたのに、購入手続きができずに、権利を失ってしまった」という人が出てきそうな予感がします。

当選した人は、早めに購入手続きをした方が良いですよ。

■今から悩むのは、国内移動の手段

私の現時点の悩みは、観戦日当日にどのように現地に行くかということです。

東京近郊に住んでいるわけではないのですので、長距離の移動となります。

おそらく、宿泊なんて予約できないと思いますし、たとえ予約が出来ても一泊数万円となりそうです。

どんな手段を使って移動するかということです。

様々な方法が考えられます。

飛行機、新幹線、長距離バス、自家用車などです。

何とかして移動しなければなりませんが、海外からも観戦しに日本に来る外国人も多くいらっしゃいます。

日本人だけの移動ではなく、外国人の移動も考えると、私の感覚では便が不足していると思います。

今でも、長期休暇の初日などでは、新幹線で乗車率200%などと言われるくらいですから。

飛行機や長距離バスは席が決まっていますが、新幹線は立ってでも移動できますから、何とかなるのでしょうか。

それとも、年末年始の在来線のように、この時期だけ特別に夜中も走らせてもらえるのでしょうか?

オリンピック政策として、国を挙げて考えてほしいものです。

自分自身も何とかしたいですが、やはり海外からきた旅行客のことはしっかり考えてもらうべきでしょう。

特に、オリンピック観戦だけでなく、地方ではこれを良い機会として観光に力を入れることだと思いますからね。