なんでも道しるべ

広義の投資(子育て教育、英語教育、資産形成、NISA、iDeCo)に関する道しるべ!毎日19時に記事更新‼(たまに朝7時にも更新!?)

米国株のアノマリー、大統領選挙の年、AIブームとビッグテック企業の好決算について

今年2024年はアメリカ大統領選挙の年であり、株式市場に対する影響が注目されています。さらに、AIブームやビッグテック企業の好決算、そして利下げ期待が相まって、市場に対するポジティブな要因が多く見られます。本記事では、米国株のアノマリーや大統領選挙の影響、そして現在の市場状況について詳しく解説します。

米国株のアノマリー

株式市場にはいくつかのアノマリーが存在し、投資家が市場動向を予測する際の指針となることがあります。代表的なアノマリーには「1月効果」「週末効果」「月末月初効果」「Sell in May and Go Away」などがあります。

  1. 1月効果(January Effect): 株価が1月に上昇する傾向があり、年末の税金対策売りが解消されることで、新年に新たな投資資金が流入するためとされています。
  2. 週末効果(Weekend Effect): 株価が週末に上昇し、月曜日に下落する傾向があります。これは週末にポジションを調整する投資家が多いためです。
  3. 月末月初効果(Turn-of-the-Month Effect): 月末から月初にかけて株価が上昇する傾向があります。これは月初に給料や年金が支払われ、その一部が市場に投資されるためです。
  4. Sell in May and Go Away: 5月に株を売却し、10月まで市場から離れるという戦略です。夏季は取引量が減少し、ボラティリティが高まるためとされています。

しかし、「Sell in May and Go Away」のアノマリーについては、実際のデータを検証すると、6月から8月の間に市場が上昇する年も多く見られます。これは市場全体の動向や経済指標、政策発表などが影響するためです。

大統領選挙の影響

大統領選挙の年には、株式市場に特有のアノマリーが見られます。大統領選挙サイクル理論によると、大統領の任期に伴う4年周期の株価変動があり、特に選挙の前年や選挙の年に市場が好調な傾向があります。

  1. 大統領選挙サイクル理論: 大統領の任期の第1年目は政策導入による不確実性が高く、第2年目は回復基調に、第3年目は再選を目指して景気刺激策が多く導入され市場が最も強い年、第4年目は選挙に向けた期待と不確実性が混在する年とされています。
  2. 選挙イヤー効果(Election Year Effect): 選挙の年には市場が上昇する傾向があります。これは政治的な不確実性が払拭され、新たな政策への期待が高まるためです。
  3. 党派別パフォーマンス(Party Performance Effect): 共和党政権下ではビジネスフレンドリーな政策が多く、民主党政権下では社会福祉や環境政策が重視される傾向があります。これにより、短期的には市場の反応が異なることがありますが、長期的には持続可能な成長が期待されます。

2024年の市場見通し

今年2024年は、AIブームとビッグテック企業の好決算、そして利下げ期待が株価に対してポジティブな影響を与えています。

  1. AIブーム: AI技術の進展により、データセンターやクラウドサービスの需要が急増し、半導体企業やビッグテック企業の製品やサービスに対する需要が高まっています。これにより、これらの企業の収益が増加し、株価が上昇しています。
  2. 好調な決算: 半導体企業やビッグテック企業の好調な決算は、収益の増加を反映しています。企業が今後の見通しを強気に発表することで、投資家の信頼が高まり、株価の上昇が期待されます。
  3. 利下げ期待: 利下げは企業の借入コストを低下させ、新たな投資や成長プロジェクトに資金を投じやすくします。また、消費者のローン金利が下がり、消費支出が増加することで経済全体が押し上げられます。さらに、利下げは市場に流動性を供給し、リスク資産への投資を促進します。

結論

2024年は、AIブームやビッグテック企業の好決算、利下げ期待が相まって株価に対するポジティブな要素が多く見られます。しかし、地政学的リスクやインフレ圧力、政策変更などのリスク要因も考慮する必要があります。これらの要素を総合的に判断し、バランスの取れた投資戦略を立てることが重要です。

市場の動向を注視し、柔軟に対応することで、投資機会を最大限に活用しましょう。

(chatGPT共筆)