なんでも道しるべ

大学受験に向けた子育て教育、子どもの英語能力アップ、資産運用に向けた投資、に関しての道しるべを語っています!

【地域トップ高校への進学】武田塾チャンネルが提言する目標とする評定と必要な戦略とは?

今回はYouTubeチャンネルの紹介みたいになるかもしれませんが、昨日に中学生の娘に見せて効果のあったチャンネルをご紹介しようかと思います。

なぜ娘に見せようかと思ったかですが、やはり子どもは親の言葉だけでは信用しないです。

反抗期、思春期という言い回しで片付けられることもありますが、私はそれだけではないと思っています。

大人であっても、家族の話に真剣に耳を傾けるのは限られています。

他人が信用できなくなった時とか、自分が弱っている時、助けてほしい時などは、家族の言葉に耳を傾けますが、平常心の時はあまり効果が無いと思っています。

中学生の娘にも、私は単に勉強するようにとは言わずに、様々な表現で、言い方を変えて伝えるようにしていますが、このようなことを他人から言われた方が良いだろうなという想いがありました。

特に、学校の通知表、評定に関する話です。

けれども、他人はあり得ませんが、学校の先生も、塾の先生も、そんなことをアドバイスしてくれる人は少ないです。

当たり前ですが、対象生徒は無数にいますし、個人だけを相手にできることではありません。

また、個々でやるべきことが違うので、一人一人アドバイスが異なって当然だからです。

そんななか、確実にこれは必要だと思える内容をYouTubeで話してくれていました。

■武田塾の高校受験チャンネル

今回、良い内容を取り上げてもらえたと思ったのが「武田塾の高校受験チャンネル」です。

元々、武田塾は大学受験向けのチャンネルをやっていたのですが、近年、高校受験チャンネルも配信されています。

登録者数は少ないのですが、内容としては中学生向けに噛み砕いた内容を発信されています。

武田塾では中学生も受け入れをしているようですが、やはり個別指導で高いので、私が感じている雰囲気ではあまりヒットしていないのかなと思います。

やはり勉強といっても中学生内容ですし、まあ高校生ほどスパルタにしなくても成績は伸びます。

駆け込み寺的な武田塾ではあるのですが、そこまで需要がないのが現実なのかもしれません。

とはいえ、少子化の時代、中学生もターゲットにしていると思いますので、今後、何らかの策は取ってくると思います。

その為の先駆けとして、中学生向けの高校受験チャンネルがあるのだと思っています。

■トップ校に進学するための評定

前置きが長くなりましたが、今回の動画で良かったと思ったのが、「通知表の評定」の話です。

評定なんて高い方が良いに決まっているのですが、さすが武田塾だなと思ったのが、地域のトップ校に合格するのに必要な評定を言ってくれたということです。

おそらく、高田先生の案のような気がしますが、学力はエビデンスで示すという意思が明確に表れています。

学歴と同じように、中学生にとっては「評定」が全てを示しているということですね。

■5教科オール5で全体は42以上

さて、地域のトップ校に進学するための評定です。

動画で言っていたことをまとめると、「5教科はオール5」「実技教科は苦手でもテストや授業態度で挽回して4を確実に取りに行く」「全体45に対して、42や43以上を取る」ということでした。

詳細を挙げていくと、高田先生が5教科は確実にオール5を取りに行くことと言っていましたが、清水先生は例えば英数が苦手であれば、1教科は4でも良いみたいな言い方をしていました。

これを聞いた娘は「やった」みたいな表情をしていましたが、5教科で4はダメですね。

トップ校を狙うのであれば、5教科オール5を狙うべきかと思います。

以前にも紹介しましたが、絶対評価に変わった現状としては、評定5の人は全体で10%強はいます。

上位10%に入れば良いのですから、5教科であればどの教科も90点以上を取って、10%以内に入るべきです。

中学内容なのだから、苦手であっても長期休みなどを利用して克服すべきかと思います。

■実技教科は苦手でも4を死守

もう一つは、実技教科ですね。

これは本当に難しい件だと思いますし、実感もしています。

いくら定期テストで高得点を取っても、実技の評価が低ければ、5にはなりません。

もしかすると3になる可能性だってあるわけです。

とはいえ、よっぽど悪い態度や提出物をしっかり出していない限り、定期テストで90点以上とれば、3は付けれないと思っています。

とはいえ、勉強ができる子からすれば、90点以上とれば5が欲しいと思うはずです。

それが、この実技教科の評定のズレだと思います。

動画では、まずは4を死守することを言われていました。

それは私も同感です。

技能が低くても、テストの点と提出物、授業態度だけはしっかりとやって、苦手教科は4であれば満足するしかないです。

あと、気分的に楽になるためには、大学受験には実技教科は必要ないということを常に思って、中学生の時だけ頑張れば良いと思い切れるかどうかだと思います。

■武田塾ならではの的確なアドバイス

最後に、評定は9教科の45のうち、42や43以上を取るという事です。

42であれば3つしか落とせませんし、43であればさらに2つしか落とせないことになります。

9教科あればいくつかは苦手教科があって当然です。

したがって、苦手教科は4を取る、得意教科は絶対に5を取るという意気込みが必要ですね。

加えて、5教科は手を抜かない。

これが大学受験を見据えた高校トップ校に行くために必要なことです。

f:id:anyguidepost:20190629185507j:plain

このようなことは、親以外ではあまり助言はされないです。

さすが、武田塾の高校受験チャンネルだからこそ出てきたアドバイスですね。