なんでも道しるべ

広義の投資(子育て教育、英語教育、資産形成、NISA、iDeCo)に関する道しるべ!毎日19時に記事更新‼(たまに朝7時にも更新!?)

【FANG+にS&P500トップ10をトッピング】スノーフレイク残留ショックから新NISA戦略を見直した

最近の投資戦略を見直す中で、一歩先行くUSトップ20インデックスファンドを新NISAの成長投資枠で積立投資することを考えていました。しかし、慎重に検討した結果、S&P 500トップ10インデックスに変更することに決定しました。これにはいくつかの理由がありますので、以下に詳しく説明します。

FANG+インデックスに他のインデックスファンドを足そうと考えた理由

まず、FANG+インデックスファンドに他のインデックスファンドを足そうと考えた理由について説明します。FANG+インデックスは、テクノロジーおよびインターネット関連の主要企業で構成されており、非常に高い成長ポテンシャルを持っています。しかし、最近の銘柄入替が行われなかったことにより、パフォーマンスが悪い銘柄がそのまま残っている状況がありました。このため、ポートフォリオ全体のリスクを適切に管理しつつ、成長の機会を最大限に活用するためには、他のインデックスファンドを加えることで分散を図る必要があると考えました。

一歩先行くUSトップ20からS&P 500トップ10への変更理由

  1. 銘柄数の違い:

    • USトップ20は20銘柄を含むため、サテライトとしては少し多いと感じました。銘柄数が多いと、個別銘柄のパフォーマンスがポートフォリオ全体に与える影響が分散されるため、特定の銘柄に集中した成長を期待するのが難しくなります。対照的に、S&P 500トップ10は時価総額が大きい上位10銘柄に焦点を当てているため、より集中した投資が可能です。
  2. 中国企業の存在:

    • USトップ20には中国企業が含まれていることがあります。これは米国企業でポートフォリオをまとめたい場合には、地政学的リスクや規制リスクを避けるために不適切と感じるかもしれません。S&P 500トップ10にはそのようなリスクがないため、安心して投資ができます。
  3. 米国企業の強さ:

    • S&P 500トップ10は、米国市場の中でも最も影響力のある企業で構成されています。これらの企業は安定した成長とパフォーマンスを見せることが多く、サテライトとしても非常に適しています。

FANG+インデックスとS&P 500トップ10インデックスの組み合わせ

FANG+インデックスは、以下の10銘柄で構成されています:

  1. Apple (AAPL)
  2. Amazon (AMZN)
  3. Meta Platforms (META)
  4. Alphabet (GOOGL)
  5. Netflix (NFLX)
  6. NVIDIA (NVDA)
  7. Tesla (TSLA)
  8. Microsoft (MSFT)
  9. Broadcom (AVGO)
  10. Snowflake (SNOW)

S&P 500トップ10インデックスは、12銘柄で構成されています:

  1. Apple (AAPL)
  2. Amazon (AMZN)
  3. Meta Platforms (META)
  4. Alphabet Class A (GOOGL)
  5. Alphabet Class C (GOOG)
  6. Microsoft (MSFT)
  7. NVIDIA (NVDA)
  8. Tesla (TSLA)
  9. Berkshire Hathaway (BRK.B)
  10. UnitedHealth Group (UNH)
  11. Johnson & Johnson (JNJ)
  12. Kenvue Inc (KVUE)

これらのインデックスを組み合わせることで、重複するマグニフィセントセブン(Apple、Microsoft、Amazon、Alphabet、Meta、NVIDIA、Tesla)を除き、以下の15銘柄に分散投資することができます:

  1. Apple
  2. Amazon
  3. Meta Platforms
  4. Alphabet Class A
  5. Alphabet Class C
  6. Microsoft
  7. NVIDIA
  8. Tesla
  9. Netflix
  10. Broadcom
  11. Snowflake
  12. Berkshire Hathaway
  13. UnitedHealth Group
  14. Johnson & Johnson
  15. Kenvue Inc

投資戦略のメリット

  1. 広範な分散:

    • 15銘柄に分散投資することで、特定の銘柄やセクターに依存するリスクを軽減し、ポートフォリオ全体の安定性を高めます。
  2. 高成長と安定性のバランス:

    • テクノロジーセクターの高成長企業と、ヘルスケアや投資会社などの安定性の高い企業を組み合わせることで、リスクとリターンのバランスが取れたポートフォリオを形成します。
  3. 市場リーダーへの投資:

    • 市場のリーダー企業への投資を通じて、長期的な成長を期待し、市場全体の動向を反映しやすいポートフォリオを構築します。
  4. 新NISAの成長投資枠の活用:

    • 税制優遇を最大限に活用することで、長期的な資産形成に有利な環境を整えます。

積立投資の戦略

  1. 定期的な投資:

    • 毎月一定額を積み立てることで、ドルコスト平均法の効果を享受し、市場の変動リスクを平準化します。
  2. 長期的視点:

    • 新NISAの枠組みを利用して、長期的な視点で資産形成を行うことで、複利効果を最大限に活用します。

FANG+インデックスとS&P 500トップ10インデックスの2つのファンドを新NISAの成長投資枠で積立投資することに決めました。この戦略により、ポートフォリオ全体のリスクを適切に管理しつつ、成長の機会を最大限に活用することができます。一歩先行くUSトップ20を検討した際の懸念を考慮し、S&P 500トップ10を選択することで、より集中した効果的な投資が可能になりました。

これからも市場の動向を注視しつつ、柔軟に投資戦略を見直しながら、長期的な資産形成を目指していきます。新NISAの成長投資枠を活用することで、税制優遇の恩恵を最大限に受け、効果的な資産運用を続けていきます。

新NISAの導入により、長期的な投資がさらに魅力的になりました。FANG+インデックスとS&P 500トップ10インデックスを組み合わせることで、多様なセクターに分散投資し、リスクとリターンのバランスを取ることができます。これにより、成長ポテンシャルを最大限に引き出しつつ、市場の変動に対する耐性を高めることができます。

今後も定期的にポートフォリオを見直し、市場の状況に応じた調整を行いながら、長期的な目標達成に向けて邁進していきます。新NISAを活用した積立投資は、私たちの資産形成にとって非常に有効な手段であり、これからも継続して取り組んでいきたいと思います。

このブログ記事が、同じように投資を考えている方々の参考になれば幸いです。投資は自己責任ですが、しっかりとした戦略と計画を持って取り組むことで、将来的な財務的な安定と成長を実現できると信じています。これからも市場の動向を注視し、柔軟な対応を心がけていきます。