なんでも道しるべ

広義の投資(子育て教育、英語教育、資産形成、NISA、iDeCo)に関する道しるべ!毎日19時に記事更新‼(たまに朝7時にも更新!?)

【投資勝ち組】「ジャストキープバイイング」と「稲妻が輝く瞬間に市場に居合わせる」

今日は投資の世界でよく聞く二つの重要なフレーズ、「ジャストキープバイイング(Just Keep Buying)」と「稲妻が輝く瞬間に市場に居合わせる」についてお話ししたいと思います。この二つのフレーズがどのようにして投資成功の鍵となるのか、具体的なデータや心理学的な背景も交えながら解説していきます。

ジャストキープバイイングとは?

「ジャストキープバイイング」は、簡単に言えば「とにかく買い続ける」という意味です。このフレーズは、マーケットの短期的な動きに左右されず、一貫して投資を続けることの重要性を強調しています。定期的に一定額を投資することで、ドルコスト平均法の効果を得ることができます。これは、株価が高い時には少なく、低い時には多くの株を購入することで、平均購入価格を平準化する戦略です。

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法の大きなメリットは、市場のタイミングを予測する必要がないことです。多くの投資家は、市場が高い時に売り、安い時に買うことを理想としますが、実際にはそのタイミングを正確に予測するのは非常に困難です。ドルコスト平均法を使えば、市場の短期的な変動に惑わされず、長期的な視点で投資を続けることができます。

「稲妻が輝く瞬間に市場に居合わせる」とは?

「稲妻が輝く瞬間に市場に居合わせる」というフレーズは、チャールズ・エリスの名著「敗者のゲーム」に登場します。このフレーズは、マーケットの急激な上昇がいつ起こるかを予測するのは難しいため、その瞬間に市場に居続けることの重要性を強調しています。市場の大きな上昇日は非常に短い期間に集中しており、これを逃すと長期的なリターンに大きな影響を与えます。

実際のデータから見るトップ10日

では、具体的なデータを見てみましょう。1990年から2020年の間にS&P 500に投資していた場合、平均年率リターンは約7.7%でした。しかし、この期間中の最良の10日を逃すと、リターンは約5.4%にまで下がります。このわずか10日間を逃しただけで、年率リターンが2%以上も低下するという事実は驚くべきものです。

実際のデータから見るトップ10日

これらのデータを見ると、特定の日における急激な上昇がいかにリターンに影響を与えるかがわかります。

急激な上昇の前には急激な下落がある?

市場の大きな上昇日の前には急激な下落があったという説もよく聞きます。この説が本当かどうかを確認するために、トップ10日の前日のリターンを見てみましょう。

このデータを見ると、トップ10日の前日には多くの場合急激な下落があったことがわかります。特に、2009-11-23の前日には4.10%の下落があり、その翌日に4.91%の上昇が見られました。これにより、市場の急激な上昇が前日の急激な下落によって引き起こされることが多いという説が裏付けられます。

一喜一憂の投資家心理

ここで、投資家の心理について考えてみましょう。人間は未来を想像し、損失を避けたいという本能的な欲求を持つため、株価の変動に一喜一憂しがちです。市場が下落すると、多くの投資家はパニックになり、損失を避けるために売却してしまいます。しかし、これは長期的なリターンを逃す原因となることが多いのです。

損失回避バイアス

人間の心理には「損失回避バイアス」があります。これは、利益を得る喜びよりも損失を避けることへの恐れが強いことを意味します。このため、短期的な損失を避けるためにポジションを整理してしまうことがありますが、これが長期的な投資リターンに悪影響を及ぼすことが多いのです。

ジャストキープバイイングの重要性

では、どうすれば一喜一憂せずに投資を続けられるのでしょうか?ここで重要なのが「ジャストキープバイイング」の精神です。定期的に投資を続けることで、短期的な市場の変動に惑わされず、長期的な成長の恩恵を受けることができます。

実践的なアドバイス

1. 自動投資の設定

多くの投資プラットフォームでは、自動的に一定額を定期的に投資する設定が可能です。これにより、投資のタイミングを気にせずに一貫した投資を続けることができます。

2. 分散投資

ポートフォリオを多様化することで、特定の資産クラスや市場の動向に左右されにくくなります。これもジャストキープバイイングの一部であり、リスクを分散しつつ市場全体の成長を取り込むことができます。

3. 投資計画の見直し

定期的に投資計画を見直し、自分のリスク許容度や目標に合わせて調整することも重要です。しかし、この見直しは短期的な市場動向に影響されるべきではなく、長期的な視点に基づいて行うべきです。

「稲妻が輝く瞬間に市場に居合わせる」ためには、「ジャストキープバイイング」の精神が不可欠です。一貫した投資を続けることで、市場の短期的な変動に惑わされず、長期的な成長の恩恵を享受することができます。市場のタイミングを計ることは困難ですが、定期的に投資を続けることでその課題を克服し、最終的には成功に近づくことができるかもしれません。