なんでも道しるべ

広義の投資(子育て教育、英語教育、資産形成、NISA、iDeCo)に関する道しるべ!毎日19時に記事更新‼(たまに朝7時にも更新!?)

【資産額が増えると追撃入金は焼け石に水?】Fear & Greed Indexを活用した投資戦略

こんにちは、みなさん。今日は資産運用について、特に「追撃入金」について話していきたいと思います。最近、資産額が増えてくると、少しの追撃入金が全体のパフォーマンスに与える影響が小さく感じられることに気付きました。まるで焼け石に水みたいな感じです。こういう状況だと、どうしても「こんな少しじゃ意味がないのかな?」と思ってしまうことがありますよね。

追撃入金の効果と悩み

投資を勉強するために、相場の動きをニュースで追ったり、指標発表に合わせて買ってみたりすることは非常に有益です。しかし、すでにポジションを持っている商品に追加投資をしても、収益率の面で大きな変化を感じられないことがあります。これが、私が「焼け石に水」と感じる理由の一つです。

例えば、私は2869(レバレッジNASDAQ100)に4月の大きめの押し目で結構大きな金額(500万円くらい)を入れてしまいました。現状では、2244(USテックトップ20)や2243(米国SOX指数)が次の投資対象になっています。さらに、1655(S&P500)への追加投資も考えています。ですが、ちょこちょこ追撃入金するよりも、まとまった余裕資金ができたら一気に追加投資をした方が良いのではないか、とも思っています。

Fear & Greed Indexを活用した投資タイミング

ここで、私が特に注目しているのが「Fear & Greed Index」です。市場の心理を数値化したもので、特に極端な恐怖(エクストリームフィアー)のタイミングでの追加投資は、割安な価格で投資できる大きなチャンスになります。

実は、4月の時はFear & Greed Indexがエクストリームフィアーまでいかず、フィアーまでしか行かなかったんです。それでも追加投資を行いましたが、このことからも、現在の市場が非常に底堅いことがわかります。ブル相場が続いている証拠ですね。

具体的な投資戦略

では、具体的にどうすればよいのでしょうか?私が実践しているいくつかのポイントをシェアします。

  1. 市場の動向を定期的にチェック: Fear & Greed Indexを定期的に確認し、特にフィアーやエクストリームフィアーのタイミングを逃さないようにします。このタイミングでの追加投資は、長期的に見ると非常に効果的です。

  2. 段階的な追加投資: エクストリームフィアーやフィアーのタイミングで一度に大きな金額を投資するのではなく、段階的に分散して投資を行うことで、リスクを管理しやすくなります。

  3. 分散投資の強化: 特定のセクターに集中しすぎないよう、ポートフォリオの分散を図ります。例えば、テクノロジーセクターに集中している場合は、S&P 500への投資を通じてリスクを分散します。

追撃入金の心理的な側面

追撃入金を行う際には、心理的な側面も重要です。市場が下落している時期には不安がつきまといますが、そのような時こそ冷静な判断が求められます。Fear & Greed Indexを活用することで、市場の感情に流されず、計画的に投資を行うことができます。

また、失敗から学び、成功の要因を分析することで、投資スキルを向上させることができます。記録を詳細に残し、自分の判断がどうパフォーマンスに影響したかを振り返ることは、非常に有益です。

資産額が増えてくると、確かに少しの追撃入金が全体のパフォーマンスに大きな影響を与えないように感じることがあります。しかし、Fear & Greed Indexを活用し、市場の感情を冷静に評価することで、効果的な追加投資を行うことができます。市場の調整や下落時に戦略的に投資を行うことで、長期的な資産成長を目指すことができるでしょう。

このブログ記事が、みなさんの投資判断に役立つことを願っています。これからも一緒に学び、成長していきましょう。