なんでも道しるべ

大学受験に向けた子育て教育、子どもの英語能力アップ、資産運用に向けた投資、に関しての道しるべを語っています!

【光ネット費用の節約はダメ】学習環境にネットは必須!モバイルWi-Fiの最大の弱点とは?

これからの家庭環境はネット通信無制限の環境にすべきと考えます。

そのためにも、最近はスマホ代の値下げが取り上げられていますが、家の光ネットなどの接続代にも切り込んで欲しいと願っています。

スマホ代が安くなると、光ネット代が高く感じます。

それでも、ネット環境そのものを削減するのや止めた方が良いです。

私自身、苦い経験をしました。

今は非常に快適になっていますし、子育て教育においても光ネット環境は必須だと思っています。

■光ネットをモバイルWi-Fiに変えると節約にはなるが

家の光ネット代はそれほど安いものではありません。

接続方法はそれぞれありますが、一軒家の場合、消費税を入れると6,000~7,000円ほど費用がかかってきます。

「家計の節約は固定費の見直し」と言われますから、真っ先に考えるのが、光ネット代となるわけです。

私の親戚に、家に光ネットを引かずに、WiMAXなどのモバイルWi-Fiで済ませている家庭がありました。

そちらにすれば、消費税込みで4,000~5,000円程度で持つことができるということです。

確かに、2,000円程度下がるのであれば、モバイルWi-Fiにするのは家計においては非常に魅力的です。

けれども、よくよく考えて切り替えないと大変なことになります。

■モバイルWi-Fiの最大の弱点

モバイルWi-Fiは、表面上は無制限のような言い方をしていますが、実は制限がきちんとかかっています。

それは、3日で10ギガ縛りです。

3日間で合計通信量が10ギガを超えると、それが3日計で10ギガを下回るまで、翌日以降に通信スピードに制限がかかるということです。

制限がかかる時間帯は、夕方から夜中にかけてなので、日中に不便はありませんが、やはり夜の時間帯に制限がかかってしまうと、使い勝手が悪いです。

そして何よりも、3日間の合計を気にしながら使わないといけない気持ち的なデメリットが一番大きいです。

毎日、毎日、通信量を気にしながら使用しなければならないのは、非常に辛いです。

単にネットサーフィンをしているくらいだと10ギガも到達しませんが、やはり動画を見るようなことになると、すぐに何ギガも通信量は発生します。

それを気にして生活するのは苦痛の極みです。

■これからの時代は無制限ネット環境が必須

モバイルWi-Fiは外出時に動画などのコンテンツを観る人にとっては非常に有用な機器だと思いますが、それを家のインターネット利用に代用するのは、止めた方が良いです。

やはり家ではネット通信が尋常じゃないほどに多いです。

テレビでYouTubeを観たり、ストリーミング配信を観たり、子どもの学習教材として映像授業を見たり、タブレット学習をしたりとネットを使う機会がかなり増えています。

親戚に、モバイルWi-Fiで十分だよと言われて、そちらに置き換えましたが、ものの2ヵ月で光ネットに戻しました。

これからの時代、現代っぽく、ネット環境で生活しようと思っている人は、そこの固定費削減に走るのではなく、光ネットでネット環境を整えた方が良いです。

そして、子育ての学習教育においても、ネットがないと片手落ちの状態になりつつあります。

光ネットの通信費用は安くありませんが、しっかりと学習環境を整えるためにも、ネット環境は必須条件となっています。

■学習環境にネットが無いと弱い

特に学習環境において、光ネットが必須だと思っているのが、あまりにもネットで学習することが増えたからです。

例えば、YouTubeで無料授業を見ること、映像授業を高解像度で見ること、タブレットで英語4技能学習、これらはギガを大量に消費するうえに、必要なコンテンツです。

そして、コロナ禍ゆえに、オンライン授業なども増えていますので、光ネットの環境が必須です。

f:id:anyguidepost:20180503083135j:plain

また、休憩時間には、同じようにYouTubeを観たり、アマゾンプライムの動画を観たり、ネットサーフィンをしたり、スマホゲームをしたりしています。

アマゾンプライムの動画も、アメリカの映画やアニメを観れば、十分に英語のリスニングのトレーニングになりますので、その点は学習ツールにもなり得ます。

ここで月2,000円弱の節約をして、十分な学習環境を与えてあげれない方が問題です。

別の切り口から言うと、今の時代、紙のテキストで勉強するのは古くなってきました。

PDFの資料はさほどギガ数を使うわけではないので、それをダウンロードするためだけに、光ネットは必要ありませんが、環境が整っていないと勉強するにも差し支えるのが事実です。

■光ネットの通信費節約はお勧めしない

ネットを制するものが、時代の波に乗っていくと考えても良いかもしれません。

通信費削減は家計にとっては大きな課題かもしれませんが、それをケチると余計なストレスや無駄な労力がかかることも多いです。

さらに、子育て教育環境にも悪影響を及ぼしますし、快適な学習環境を作ることで、学習効率サイクルも良いように回ります。

少しお金はかかりますが、今の時代、インターネットなしでは生きていけませんので、必要経費だと割り切って環境を整えるしかないと思います。