なんでも道しるべ

広義の投資(子育て教育、英語教育、資産形成、NISA、iDeCo)に関する道しるべ!毎日19時に記事更新‼(たまに朝7時にも更新!?)

【ChatGPTと一緒に考えた】リセッションに備えて資産を売却する計画

今日は、ChatGPTと一緒にリセッションに備えて資産をどのように売却するかを考えた内容をシェアしたいと思います。相場のことを考えると、いつもタイミングが難しいですよね。特に現在はブル相場が続いていて、売却するのはもったいないと感じることもあります。しかし、リセッションの兆候が見えた時に慌てないよう、事前に計画を立てておくことが大切です。

売却の優先順位

まず、売却する資産の優先順位を考えました。リスク資産全体のうち、75%以上をリセッション前に売却したいと考えていますが、現実的にこれを実現するのは難しいことも理解しています。機会損失を避けるために、優先順位をつけて段階的に売却することにしました。

最優先で売却するのは、評価額が大きく、売却タイミングを図りやすいレバレッジ商品です。具体的にはETF 2869 (iFナス100ダブル) です。この商品はレバレッジがかかっているため、市場の変動に敏感であり、売却のタイミングを見極めやすい特徴があります。また、同じくレバレッジ商品である投資信託も優先的に売却する予定です。

資産の内訳

以下に、現在のリスク資産全体、売却しない資産、リセッション前に売却したい資産を表にまとめました。

リスク資産全体

資産カテゴリ 金額 (JPY)
SBI証券 17,570,113
ジュニアNISA 1,082,988
持ち株会 440,251
iDeCo 1,458,787
合計 20,552,139

売却しない資産

資産カテゴリ 金額 (JPY)
つみたて投資枠 629,909
成長投資枠 1,615,846
ジュニアNISA 1,082,988
iDeCo 1,458,787
合計 4,787,530

リセッション前に売却したい資産

資産カテゴリ 金額 (JPY)
特定口座 11,227,287
旧NISA 4,068,098
持ち株会 440,251
合計 15,735,636

売却のタイミング

相場格言の「頭と尻尾はくれてやれ」を意識し、利益にばかり目がくらんで売却タイミングを逃さないようにしたいと思います。企業決算などに陰りが見えた場合には、優先順位の高い商品から徐々に売却を始めることにします。

具体的な売却のタイミングは、企業決算の内容や市場の動向を見ながら判断します。例えば、主要企業の決算発表があり、その内容が思わしくなかった場合、そのタイミングで売却を実行します。また、価格目標や損失許容範囲を設定しておくことで、感情に左右されずに冷静に売却を進めることができます。

段階的な売却計画

売却は一度に行うのではなく、段階的に進めることが重要です。まず、最優先の2869 (iFナス100ダブル) の50%を売却し、その後市場の反応を見ながら残りの部分を売却します。同様に、レバレッジ投資信託も一部ずつ売却していきます。

段階的な売却の例としては、1ヶ月目に2869の50%を売却し、2ヶ月目に残りの50%を売却。その後、他のレバレッジ投資信託を売却していくという流れです。このようにすることで、売却による市場への影響を最小限に抑えつつ、リスクを管理することができます。

税金対策

売却する際に忘れてはならないのが税金です。利益が出た場合、その分のキャピタルゲイン税を支払わなければなりません。ここでもいくつかの対策を講じることで、税負担を軽減することができます。

まず、損益通算を活用します。利益の出ている資産と損失の出ている資産を同じ年度内に売却することで、損失を利益と相殺し、課税対象額を減少させることができます。また、長期保有した資産には特定の税制優遇措置が適用される場合がありますので、長期保有している資産を優先的に売却することも検討します。

(アイキャッチ画像用に表をグラフにしてほしいとChatGPTに依頼したら、このようなグラフ画像を作ってくれました(笑))

以上が、ChatGPTと一緒に考えたリセッションに備えた資産売却の計画です。現在のブル相場が続く中で売却するのはもったいないと感じることもありますが、リセッションの兆候が見えた時に慌てないよう、事前に計画を立てておくことが重要です。

優先順位をつけて段階的に売却し、税金対策を講じることで、リスクを管理しながら資産を効果的に運用していきましょう。今後も市場の動向を注視しながら、最適なタイミングで売却を進めていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。皆さんもぜひ、自分自身の投資計画を見直して、最適な戦略を立ててください。