なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

映画『君の名は。』のレンタルが凄いことになっていた。この映画はいいですよね。

f:id:anyguidepost:20170806131218j:plain

http://www.kiminona.com/www.kiminona.com

 

今日は雑記の内容です。

『君の名は。』凄いですね。

昨日にTSUTAYAに行った時に、レンタルのところを見ると、50枚以上あるDVDが全てレンタル中でした。

まあ、まだ1週間ちょっとなので、そんなものなのかもしれませんが。

実は私はこの映画に感動してしまって、『君の名は。コレクターズエディション』を買ってしまいました。

すでに届いてから3回観てます。

冬頃に小説を買って読みましたが、映画を観ていますので、映像が頭の中で浮かぶので、一瞬で読み終えてしまった記憶があります。

 

映画公開時の感想

 

この映画は2016年8月に公開されているのですが、実はその半年前から予告編で「面白そうだなぁ~」って思っていたのです。

でも、予告編を見ている印象では、「まあ、高校生のラブコメていどかな?」と思っていて、単に映像が綺麗だったので見に行こうと思っていました。

実際に行ったのは、9月の祝日の月曜日だったと思います。マンデー価格で安いので。

その時、映画館に行って、席に着こうと思ったら、超満員だったことを覚えています。

私は映画で席はだいたい決まっていて、そこじゃないと嫌なので、3日位前から予約します。

予約時はそんなに席はいっぱいでなく、空席だらけだったと思うのですが、当日になると、普通は座らない前列1列目や2列目までいっぱいだったので、なんでこんなにいっぱいなのかな?と不思議でした。

「8月末に公開で1ヶ月経っていないからかなぁ?」と妻と話していたのを覚えています。

でも、単なるラブコメだと思っていたのが、完全に裏切られました。

 

ちょっとネタバレ

 

もういいですよね?

最初の30分位までは面白い男女入れ替わりなのですが、あの隕石の話や、3年の時空のズレは本当に予感していなかったので驚きました。

予告編では『星の降る日』という表現が使われていますが、その星が降る日=隕石が落ちるなんて誰が想像します?

てっきり、彗星の流れ星の想像で、まあ、会えない人同士が頑張って会いに行く程度のラブコメっしょって思っていたので。

この裏切りで、完全に『君の名は。』のファンになってしまい、小説とBlu-rayを買ってしまいました。

さらに、RADWIMPSの曲もとても映画に合っているし、『前前前世』は今は着メロになってしまってます。(笑)

でもこの曲難しいですね。自分も歳をとったなと思いますが、歌えませんわ。

コレクターズBlu-rayは、メイキング動画や新海監督インタビューが収録されているのですが、それがまた面白いですし、興味深い。

映画って、ものすごく時間とお金がかかるから、著作権保護が法律できっちりしているのですが、その理由が分かります。

まだ観てない人がいるかもしれませんが、『君の名は。』を知らないって人はかなり少ないかな?と思います。

是非とも一度映画を観てほしいです。感動的です。