なんでも道しるべ

広義の投資(子育て教育、英語教育、資産形成、NISA、iDeCo)に関する道しるべ!毎日19時に記事更新‼(たまに朝7時にも更新!?)

【祝】エヌビディアの快挙と米国株投資の重要性【10年前の時価総額トップ10との比較】

今日は最新の市場動向と、それが私たちの投資戦略に与える影響についてお話ししたいと思います。最近のニュースでご存知の方も多いと思いますが、エヌビディアが時価総額でトップに躍り出ました。これは、私たちが米国株に注目し、ポートフォリオのコアに据えるべき重要な理由を示しています。

エヌビディアの躍進と米国株の強さ

まず、エヌビディアの躍進について触れましょう。エヌビディアは、GPU(グラフィックプロセッシングユニット)のリーダーとして知られていますが、最近ではAI技術の発展にも大きく貢献しています。その結果、エヌビディアの時価総額は急速に上昇し、ついにMicrosoftやAppleを抑えてトップに立ちました。このような企業がトップに立つのは、技術革新とその市場への影響力の大きさを物語っています。

エヌビディアの成功は、米国株全体の強さを示しています。では、なぜ米国株をポートフォリオのコアにするべきなのでしょうか?その理由は以下の通りです。

  1. 市場の成長性 米国市場は世界最大であり、流動性も非常に高いです。S&P 500やNASDAQといった主要インデックスは、長期的に見て安定した成長を遂げています。これらのインデックスに連動するETFやファンドに投資することで、私たちもその成長の恩恵を享受できます。

  2. 企業の競争力と革新性 米国には、Apple、Microsoft、Amazon、Alphabet(Googleの親会社)、そしてエヌビディアといった世界をリードする企業が数多く存在します。これらの企業は技術革新を続け、市場に新たな価値を提供し続けています。特にテクノロジーセクターは、近年の株式市場の成長を牽引しています。

  3. 分散投資の効果 米国株に投資することで、間接的に世界中の様々な市場や業種に投資することができます。多くの米国企業はグローバルに事業を展開しており、これにより地域リスクを分散することができます。

時価総額トップ企業の変遷と影響

10年前の2014年、時価総額トップ企業のリストには、エネルギーセクターのExxon Mobilや、消費財セクターのProcter & Gambleなどが含まれていました。しかし、現在のリストを見ると、Microsoft、Apple、エヌビディア、Amazon、Alphabetといったテクノロジー企業が上位を占めています。この変化は、テクノロジーの進化とそれがもたらす経済的インパクトの大きさを如実に表しています。

2014年の時価総額トップ10企業

  1. Apple - $560 billion
  2. Exxon Mobil - $432 billion
  3. Microsoft - $394 billion
  4. Google (現Alphabet) - $373 billion
  5. Berkshire Hathaway - $309 billion
  6. Johnson & Johnson - $287 billion
  7. Wells Fargo - $279 billion
  8. General Electric (GE) - $277 billion
  9. Procter & Gamble - $245 billion
  10. Roche - $243 billion​ (Wikipedia)​​ (Visual Capitalist)​。

2024年の時価総額トップ10企業

  1. Microsoft - $3.33 trillion
  2. Apple - $3.32 trillion
  3. Nvidia - $3.22 trillion
  4. Alphabet (Google) - $2.20 trillion
  5. Amazon - $1.92 trillion
  6. Saudi Aramco - $1.79 trillion
  7. Meta Platforms (旧Facebook) - $1.29 trillion
  8. Berkshire Hathaway - $879 billion
  9. Broadcom - $851 billion
  10. Eli Lilly - $797 billion​ (CEOWORLD magazine)​​ (Forbes India)​。

時価総額が膨れ上がった背景には、金融緩和政策とインフレも大きく影響しています。中央銀行の低金利政策と量的緩和(QE)は、株式市場への資金流入を促し、企業の評価額を押し上げました。また、インフレが進行する中で、実物資産としての株式の価値も上昇しています。

分散投資とリスク管理

もちろん、米国株だけに集中するのはリスクも伴います。ポートフォリオの分散性を保つためには、他の地域や資産クラスへの投資も検討する必要があります。例えば、新興市場や欧州市場への投資、または債券や不動産への分散投資を行うことで、全体のリスクを低減させることができます。

しかし、米国株をコアとしつつも、他の地域や資産クラスへの分散投資も重要です。以下の方法で分散性を高めることができます。

  1. 国際分散 米国外の市場にも一定割合を投資することで、地政学的リスクや特定地域の経済リスクを分散できます。新興市場や欧州市場への投資も検討すると良いでしょう。

  2. 資産クラスの多様化 株式だけでなく、債券、不動産、コモディティなど、異なる資産クラスにも投資することで、リスクを分散しながらリターンを最大化することができます。

エヌビディアが時価総額トップになったことは、米国株の魅力を再確認する良い機会です。市場の成長性、企業の競争力、そして分散投資の効果を考えると、米国株はポートフォリオのコアとして非常に有望です。しかし、リスク管理のためには、適切な分散投資も忘れずに行いましょう。

皆さんの投資戦略にも、今回の情報が役立つことを願っています。それでは、引き続き良い投資を!