なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

【身体は資本】ダイエット成功!? 低糖質食事を試して、約半年で-15kgと体重減少!

最近、とても健康に気を付けるようになりました。

若い時は暴飲暴食をやっても平気だったのですが、歳をとるに伴い、消化が悪くなっている感じはしていました。

また、子どもが成長してきて教育に費やす時間が必要になってきたこと、妻が仕事で忙しくなってきたこと、さらに、資産運用をしている限り早くに死んだらもったいないと思ってきたことも各種要因です。

歳を取っていくに伴い、代謝が悪くなっていくことや、妙な食事環境が身体を悪くしているのではないか?と思うようになりました。

身体は資本と分かりながらも、「若ければOK」ということを口実に健康に対し甘い考えで生活していましたが、今後は自分の身体に気をつかって生きていこうと思いました。

■健康を取り戻す「食事」

健康に生きるといっても多様にあるので難しく、何から手をつけたら良いのかが分からないまま日々が流れている感じがします。

食事、運動、睡眠、ストレスなど、健康に対して気をつけなくてはいけないことは多いです。

急に全部を取り組むのは不可能なので、まずは何に気を付けようかと考えた時に、「食事」に注目しました。

「食事」といっても、良い食材を食べるとか、食生活を見直すとか、自分で料理するとか、外食を減らすなどと、食事を一つとってもできることは多いです。

そのなかで、私が一番気にしていたのが、数年来、上下している『体重』です。

当たり前ですが、高校生の時が一番痩せていて、健康的でした。

大学生の一人暮らし位から徐々に体重が増え、ここ15年以上はずっと増加傾向でした。

途中で、ダイエットに目覚めた時もあり、数回、絞ったことがありましたが、見事にリバウンドを果たしています。

カロリー過多であるということは分かっていたのですが、食べたい時でもありましたし、運動で減らそうとジムに通ったこともありましたね。

でも、運動で消費して、食事はいつも通りというのは、全く意味がないことが分かりました。

結局、食事量を減らさない限り、体重は落ちないということは頭では分かっていました。

でも、頭では分かっていても、なかなか効果は表れにくいし、自分の食べたいものも減らさないといけないストレスに勝つのは難しいものです。

そんな中、ある食事術で痩せるということが分かりました。

■「糖質オフ」食事術

その食事術とは、最近、流行りの『糖質オフ』です。

人から聞いたり、ネット記事で読んだりしたことはありましたが、正直、あまり信じていませんでした。

というのも、低糖質=高脂質というロジックを言われると、「確かにそうだよな・・・」と思う自分がいたからです。

でも、ある本を読んで、生化学的にメカニズムを解説されているのを見て、中性脂肪がつくのは高糖質だということに、妙に納得してしまいました。

「脂肪食=脂肪が付く」という間違った概念は、昔から、教えられてきたものであり、自分で勉強したことではありません。

もちろん、「糖質=中性脂肪」も自分自身で勉強したことではないので、間違っているのか、合っているのか分かりませんが、それが正しい可能性もあるわけです。

そしたら、カロリーだけを考えた食事法よりも、糖質を考えた食事法の方もやってみる価値があるのではないか?と思ったのです。

■低糖質食事で-15kg達成

実際、ここ半年ほど、低糖質の食事を進めています。

低糖質にこだわると、自然に摂取カロリーも下がっていると思うので、低糖質とカロリーのどちらが大きく寄与しているか分かりませんが、確実に痩せる食生活になっていると思います。

低糖質食事にこだわって、この6ヶ月で-15kgとなっています。

1ヶ月あたり約2~3kgは減っています。

私自身の初期の体重が重たかったということもありますので、個人差は当然あると思いますが、低糖質食事は確実に痩せてくると思います。

おそらく接種カロリー自体もかなり下がっていることが、-15kgに繋がっていると思います。

■血糖値を考えた食事術

低糖質食事とは血糖値を考えた食事術です。

この食事術の勉強をしたのは、この本からです。

(画像クリックするとアマゾンに移動します)

とっても良く売れている本なので読んだことある人も多いと思いますが、医者が生化学的に解説してくれているので、とても勉強になりますし、納得できます。

そして、実際に私自身の体重が-15kgになりましたし。

何より良いのが、「肉は食べてOK」「カカオ70%以上のチョコレートOK」「白ワインOK」という点です。

これまで、カロリー制限をしようと思うと、肉というのは悪者のイメージがありましたが、この本では逆の解説です。

白ごはんや蕎麦やうどんを食べるくらいなら、肉や魚を食べる方が良いということです。

そして、チョコレートもカカオ70%以上であれば、1日25g目標に食べて良いし、むしろ老化防止に食べた方が良いということです。

そして、お酒も白ワインは血糖値を抑える効果が確認させているから飲んでも良いということです。

野菜も、根菜は糖質が多いから控えて、葉野菜を食べた方が良いということです。

素晴らしい食事術でした。

私自身、低糖質食事術にしてから、白ごはんをほとんど口にしていません。

むしろ、白ごはんは全く欲しいと思わなくなりました。

妻も「ご飯を炊かなくなったから、お米が減らない・・・」と言っていました。

外食する時も、定食などで白ごはんがもれなく付いてくるくらいなら、単品で頼める店の方が都合良いと思っているくらいです。

「血糖値の急上昇・下降を抑える」

「酸化食品を食べないように心掛ける」

この2つが、私がこの本で学んだことです。

これで健康生活をしたいと思います。

私自身、体重が減って身体が軽くなったせいなのか、血糖値のコントロールができているせいなのか、最近は体調が良く、ストレスが減ったような気がしています。(笑)