なんでも道しるべ

広義の投資(子育て教育、英語教育、資産形成、NISA、iDeCo)に関する道しるべ!毎日19時に記事更新‼(たまに朝7時にも更新!?)

2024年5月22日に発表されたエヌビディアの決算発表

2024年5月22日、エヌビディア(NVIDIA)は待望の決算発表を行い、その内容が注目を集めています。今回の決算発表は、市場予測を大きく上回る結果となり、エヌビディアの成長とその将来性に対する期待がさらに高まりました。

売上高と利益の大幅増加

エヌビディアが発表した2024年2~4月期決算では、売上高が前年同期比3.6倍の260億4400万ドルに達しました。これは、QUICK・ファクトセットがまとめた市場予想の245億9000万ドルを大きく上回る数字です。特に人工知能(AI)向け製品の需要拡大が引き続き成長を支えたことが大きな要因となっています。

データセンター向けの売上高は前年同期比5.3倍となり、市場予想を大きく上回りました。エヌビディアのAI技術が高く評価されていることを示しています。ゲーミング市場でも強いパフォーマンスを見せており、ゲーム向けの売上高は18%増加、自動車向けの売上高も11%増加しています。

純利益も前年同期比7.3倍の148億8100万ドルとなり、売上高とともに四半期として過去最高を記録しました。特別項目を除く売上高総利益率は78.9%で、市場予想の76.9%を上回りました。特別項目を除く1株利益は6.12ドルで、市場予想の5.60ドルを上回っています。

増益の要因と株価の反応

エヌビディアの増益は、データセンター向けの高性能GPUの需要急増が大きく貢献しています。特にAIやクラウドコンピューティングの分野での採用が拡大していることが大きな要因です。これにより、エヌビディアは他社を凌駕する技術力を証明し、多くの企業がエヌビディアのソリューションを採用しています。

エヌビディアの決算発表後、株価は時間外取引で急上昇しました。特に、AI関連事業の好調さが投資家に高く評価され、株価は一時的に1,000ドルを超える場面も見られました。22日の時間外取引でエヌビディア株は上昇し、通常取引を前日比0.45%安の949.50ドルで終えた後、終値を一時7.6%上回りました。この大幅な株価上昇は、エヌビディアの将来性に対する市場の期待の高さを反映しています。

未来への展望と追加発表

エヌビディアは5~7月期の売上高をレンジの中心値で280億ドルと見込んでおり、これは市場予想の266億2000万ドルを大幅に上回る予測です。特別項目を除く売上高総利益率の中心値は75.5%と、市場予想の75.6%をわずかに下回る見通しを示しました。

また、1株を10株にする株式分割を実施すると発表しました。効力発生日は6月7日となります。さらに、四半期の増配も公表し、現在の1株あたり0.04ドルから0.10ドルに引き上げます。株式分割後ベースでは0.01ドルとなります。

エヌビディアのCEOであるジェン・スン・ファン氏は、決算発表の中で、AI技術と高性能コンピューティングの未来について強い自信を示しました。特に、ジェネレーティブAIとメタバースの分野での成長が今後の主要な焦点となると述べています。エヌビディアは、これらの新興分野でのリーダーシップを維持し、さらなる成長を目指しています。

また、エヌビディアは研究開発に対する投資を続け、次世代の革新的な技術を開発する意欲を示しています。これにより、エヌビディアは今後も技術革新を続け、市場での競争力を維持することが期待されます。

ゲーミング市場での強さとデータセンター事業の拡大

エヌビディアのゲーミング事業は引き続き強いパフォーマンスを見せています。特に、最新のGeForce RTXシリーズが好調な売れ行きを見せており、ゲーミング市場でのシェアを確固たるものとしています。これにより、ゲーミング事業の売上高は前年同期比で18%増加し、25億ドルに達しました。

データセンター事業は、エヌビディアの成長を牽引する主要なセグメントとなっています。AIとクラウドコンピューティングの普及に伴い、エヌビディアのGPUは高性能な計算能力を提供するために欠かせない存在となっています。特に、大規模なAIモデルのトレーニングや推論において、エヌビディアの技術は他社を凌駕しており、多くの企業がエヌビディアのソリューションを採用しています。

自動車市場でもエヌビディアの技術は高く評価されており、この四半期では自動車関連の売上高が前年同期比で11%増加し、5億ドルに達しました。エヌビディアの自動運転プラットフォームであるDRIVEは、多くの自動車メーカーから高い評価を受けており、今後も成長が期待されます。

結論

今回の決算発表は、エヌビディアの成長の勢いとその将来性を強調するものでした。データセンター事業とゲーミング事業の好調に加え、自動車市場での進展もあり、エヌビディアは今後も多くの市場でリーダーシップを発揮することが期待されます。AI技術の進展と共に、エヌビディアの未来はますます明るいと言えるでしょう。

(chatGPT共筆)