なんでも道しるべ

大学受験に向けた子育て教育、子どもの英語能力アップ、資産運用に向けた投資、に関しての道しるべを語っています!

【QQEnglish新レッスン】グループレッスンがネイティブ講師&多国籍生徒でgood!

英会話もオンラインの時代です。

小学6年の娘は、オンライン英会話のQQEnglishを使って、英語学習に取り組んでいます。

リスニングは海外映画や海外ドラマを英語で観られるので、それなりに上達していると感じますが、やはりスピーキングは少々苦手です。

聞くのと話すのでは違うということだと思いますが、小学6年なので恥ずかしいという気持ちもあるのかもしれません。

日本語であっても、小学生だと意見が言えないことが多々あると思いますから。

通常はカランforキッズというテキストを使っての反復レッスンを続けていますが、QQEnglishからキッズ向けに新たなサービスがスタートしたので、早速レッスンを受けてみました。

その内容や感想を紹介します。

■新たなレッスン「多国籍グループレッスン」

QQEnglishにキッズ向けのQQkidsというものがあります。

基本的には、QQEnglishもQQkidsも変わらないので、登録方法も一緒なのですが、QQkidsの方が最低購入ポイントが少なかったり、子ども向けのレッスン(例えばカランforキッズなど)があったりして、子どもとしては使いやすいサービスになっていると思います。

我が娘はカランforキッズ中心ですが、それ以外のレッスンもあるので、様々なレッスンを受けている子が多いと推測します。

レッスンは、基本的に1:1で、講師はフィリピン人なのですが、そのコンセプトには不満はないです。

安価で高品質なオンライン英会話を受けられるので良いと思っています。

このサービス内容でも特に問題なかったのですが、さらに新たなレッスンが加わりました。

それが、「World Kids Group Class」です。

■講師が多国籍になるのでネイティブも

World Kids Group Classの内容を紹介しますと、単なるグループレッスンではないです。

一番のポイントは、講師がフィリピン人ではなく、英国ケンブリッジ大学の大学院生だということです。

なので、多国籍の教師から学べるということが特徴です。

講師の国籍は、イギリス、アメリカ、カナダ、韓国、中国、アラブ首長国連邦、イエメンなどというから驚きです。

これまではフィリピン人だけなったのですが、イギリス・アメリカ・カナダの国籍の人からレッスンを受けられるということは、ネイティブレッスンが受けられるということです。

料金的な話をしますと、通常、フィリピン講師は25分のレッスンで50ポイント~100ポイント(およそ500円~1,000円)となります。

それに対して、今回のグループレッスンは50分で150ポイントとなるので、25分換算で75ポイントとなります。

いつも50ポイントでレッスンを受けている人は高いと思うかもしれませんが、カランforキッズの場合は75ポイントなので、同じ価格でネイティブレッスンが受けられるという感覚です。

ただ、1:1ではなく、グループ(最大5人)なので、レッスンの濃さという面では少し見劣りするかもしれません。

■同じ年代の子が集まれるレッスン

このグループレッスンが良いと思えたのが、同じ年代の子どもが集まって、何かの議題について話ができる点だと思います。

レッスンが良いものになるのか、微妙なものになるのかは、集まってくる子どもの質によってくるかもしれませんが、オンライン英会話でそれなりに鍛えられている子達なので、ある程度のレッスン品質は保っているような気がします。(まだ1回しか経験していませんが)

やはり、今でも英語が話せる子どもというのは希少です。

ゆえに、このようなグループレッスンが無いと、自分の英語の質も測れないですし、モチベーションも高められないので、このレッスンで刺激を受けるのは良いと感じました。

f:id:anyguidepost:20190821150605j:plain

実際、娘も、「周りの子たちの発音が奇麗だった」と言っていました。

個々の背景は分からないので、日本人であっても、インターナショナルスクールに通っている子などもいると思いますし、通常の日本の学校に行っていながら英会話を頑張っている子もいると思います。

なによりも大切なのは、世の中には同じような英会話レッスンを受けて、英語の力を付けている子が大勢いることを知るということだと思います。

そのような機会を150ポイント(およそ1,500円)で受講できるのは、良いことだと感じました。

■子どもたちも多国籍

私は、別部屋で、レッスン見学の機能をつかって、Web経由で様子を覗いていましたが、集まった5人はみんな英語が達者な子ばかりでした。

日本人と中国人の子が集まっていましたが、英語という共通語でしっかりとレッスンを受けられていました。

あたかも普通にレッスンが行われていましたが、これが学校などのリアルな場だと凄いことです。

オンラインレッスンなので、あまり実感が無いような雰囲気もしますが、このような場を得るためには、本来ならプチ留学をするなどをしなければ成り立ちません。

それが、これほど簡単に外国人とグループレッスンできるのですから、オンライン英会話の力は素晴らしいと思えてなりません。

オンラインなんて、非ネイティブレッスンなんて、と思っている人はまだまだ多いと思いますし、なかなか本気で登録できないと人も多いと思います。

ただ、この程度の費用と環境で、簡単に多国籍グループレッスンができるという現実は知っておいた方が良いですね。