なんでも道しるべ

大学受験に向けた子育て教育、子どもの英語能力アップ、資産運用に向けた投資、に関しての道しるべを語っています!

【資産把握・資産管理】手作業で総額算出していた煩わしさは、スマホアプリで一気に解決!

資産管理ってどうしていますか?

人それぞれ資産管理の仕方というのは違うと思いますが、最近は紙の通帳が廃止されるようになってきて、ネット通帳を推奨するようになっています。

新規口座の場合は、紙通帳だとお金がかかるようにもなってきました。

また、ある程度は頭に入っているけれど、厳密には計算したことないという人もいると思いますし、逆に、しっかりと表計算ソフトなどで管理されている人もいると思います。

けれども、資産運用している場合、その日その日で時価が変わってきます。

運用状況はあまり把握しないというスタンスの人もいると思いますが、私のように都度確認したい人もいると思います。

人それぞれで求めるものは違うと思いますが、いかにシンプルに管理できるかというのは、資産管理で重要な要素だと思います。

私が現状使っているの「マネーフォワード」というアプリを紹介します。

ネット口座やネット通帳を持っている人は、このアプリが非常に便利で、無料範囲で十分に使いこなせます。

■資産把握は面倒くさいが必要なこと

以前まで、全資産額を把握するためには、わざわざ全ての口座を見ていって、金額を拾っていました。

それをExcelなどの計算ソフトに入れて管理していました。

これって滅茶苦茶面倒くさいんです。

おそらく同じような人もいると思いますし、面倒くさいのも同じだと思いますから、人によっては年に1回ほどしか棚卸しないと言っている人もいました。

私の場合、自分の性格上、常に最新の資産を把握したかったので、結構頻繁に金額を出していました。

まあ、知ったところでそんなに増えていないんですけどね。

けれども、運用金額が増えてくると意外とバカにできず、年1回の棚卸だとかなり資産が変わっていることもあります。

株式投資などをしている資産をリスク資産といい、現金や保険などで持っているものを非リスク資産といいますが、この比率を把握しておくことは非常に重要です。

このアセットアロケーションを把握できているか否かは、リスク資産のポートフォリオを作る際にも必要な要素となってきます。

■マネーフォワードアプリで一気に把握

私の場合、銀行、証券会社、投信会社、年金などを把握する必要がありました。

そして、これらの口座はネットでログインすれば金額や残高が確認できるようになっています。

そこで、マネーフォワードの登場です。

このアプリにこれらの口座を連結させていきます。

銀行の場合、ネット口座やネット通帳があれば連結可能ですし、証券会社は基本的にはネットで確認する人が多いでしょうから、ログイン名とパスワードがあれば問題ないです。

さらに、直販で購入している投信会社も連結できますし、iDeCoなどの口座も連結が可能です。

ログイン名とパスワードがあれば良く、取引パスワードや取引暗証番号などは必要ないです。

したがって、この連結により、勝手に資金が移動されてしまうというリスクは、ほぼ無いと言えます。

■最新の時価総額や残高を一気に確認

このアプリの最も良いのは、それぞれの口座を更新すれば、最新の残高を拾ってくれるということです。

投資している場合、日々時価総額は変わってきますから、それを更新ボタン一つで拾ってくれます。

以前までは各証券口座にわざわざログインして、時価総額を拾っていましたが、そのログイン作業をしなくなくても良くなったのは非常に楽です。

さらに、損益まで表示されるようになっていますので、各投資商品でいくら儲かっているのか、いくら損しているのか、その辺りの把握も一気に可能です。

銀行口座の場合は、入出金の履歴も拾ってくれます。

そのため、他の使い方としては、クレジットカードも連結することができます。

利用明細を把握して、利用金額も先に資産反映できるというメリットがあります。

私の場合は、クレジットカードまではちょっと面倒なのでやっていませんけど。

■無料利用は制限あるが気にならない

デメリットを挙げておくと、一つは、無料利用は連結10口座までしかできないということです。

月額500円のプレミアム会員になれば無制限になりますが、10口座でも全く問題なく、私の場合は無料利用で数年使っています。

プレミアム会員になれば、その他、データの期間も制限なしになりますし、一括更新ができたり、資産内訳の推移グラフも表示できるようになったり、その他、たくさんの機能が使えるようになるようですが、月500円というのが高過ぎますね。

もう一つのデメリットが、ワンタイムパスワードなどを利用している口座の場合は、連結が難しいということです。

ワンタイムパスワードはその言葉どおり、毎回パスワードが変更されますので、マネーフォワードのパスワードも変更する必要があります。

したがって、ワンタイムパスワードの口座は連結には向いていないです。

■資産把握に都合の良いアプリ

マネーフォワードという資産管理のアプリを紹介しました。

f:id:anyguidepost:20180518072348j:plain

非常に面倒くさい資産の棚卸をアプリで簡単にできるので、資産を常時管理したい欲求のある人には非常に便利なアプリだと思います。

私はこれでかなり作業が減りましたので、管理をしたい人はぜひ使ってみてください。