なんでも道しるべ

大学受験に向けた子育て教育、子どもの英語能力アップ、資産運用に向けた投資、に関しての道しるべを語っています!

【小学生向け英検対策】オンライン英会話で英検対策をするメリットが多い

今や、オンライン授業で何でもできる時代なのかもしれません。

仲間や同世代とのコミュニケーション不足など、オンラインによって気になる点が無いのかといえば嘘になりますが、上手く利用して、費用と時間を節約して実力を上げるには良いツールです。

私の教育の基本は、英語を中心に、他教科も学習することを軸としています。

現代の小中学生は、まだまだ中学生になってからの英語教育となっていますが、英語はあくまでも語学なので、年齢は関係なく学習できるはずだと私は考えています。

小学生では遅いくらいで、幼児でも日本語と併用して英語をするべきです。

そうしないと、後から、リスニングやスピーキング力で非常に苦労することになると思っています。

文科省はリスニング配点を上げるなどしていますが、今の大学受験生は、義務教育時代にそれほど英語に力を入れた学校のカリキュラムになっていないはずです。

家庭での取り組みの差が、個々の能力に大きく影響を与えている例だと思われます。

今後もこの流れは続くでしょう。

小学校の3年から英語学習がスタートしていますが、以前の記事で書いたように、全く機能していません。

学校に頼っていては、大学受験は乗り切れませんし、たとえ推薦枠で受験を切り抜いても、就職活動や仕事においても大きなアドバンテージを受けると想像できます。

日本の人口が減っている以上、仕事のグローバル化は必ず起きる流れです。

英米豪のネイティブ人だけがコミュニケーション相手ではありません。

英語を第二外国語としている各国とのコミュニケーション力も重要なことであり、人種や宗教の違いも肌で感じながら成長していくべきです。

ところで、我が娘は、目標として英検に取り組んでいます。

現在2級まで合格していますので、次の目標は準1級です。

準1級となると、途端に難しくなる上に、教えてもらえる学習機関が減ります。

どう対策しようかと迷っていますが、やはりオンライン学習が基本になりそうです。

■オンライン英会話は安いが、小学生向けの英検対策をやっているところは少ない

幼少期からに英語を習い始める子が増えたことで、目標として英検取得の流れも加速しています。

3級からは二次試験がありますから、英会話教室でも英検対策を取り入れているところも多くなりました。

最近は、オンライン英会話でも英検対策が取り入れられています。

オンライン英会話は何と言っても安いです。

通学の場合は約1時間で5,000円程度かかるところが多いですが、オンライン英会話の場合は約1時間で1,500~3,000円程度ではないでしょうか。

f:id:anyguidepost:20181105190952j:plain

オンライン英会話の場合、ネイティブなのか、非ネイティブなのか、日本人教師なのか、によって金額に差がありますが、通学よりも安いところが多いです。

ただ、そのなかで、英検対策をやってもらえるところを探すとなると、少し絞られてきます。

さらに、小学生に対しても英検対策をやってもらえるところとなると、かなり絞られます。

そのあたりの見極めは難しいところなのかもしれません。

■英検対策は日本人講師?外国人講師?

オンライン英会話は安いので良いのでのすが、私が少し戸惑っているのが、英検対策を外国人にしてもらうのはどうなのか?ということです。

英検は、やはり日本人向けの試験なので、日本人目線での授業が必要なのではないかと感じるのです。

英語のテストなので、本質的には一緒と言えばそうなのかもしれませんが、英検対策を日本人講師にしてもらうのか、外国人講師にしてもらうのかは、きちんと判断しなければならないと思っています。

なぜそう思うのかというと、英検対策はあくまでも英検に特化したレッスンなので、本来ならサラッと終えて、普通の英会話レッスンにした方が、本人にとっても良いはずです。

検定通過のためだけのレッスンなんて、そんなに長くやる意味がないわけですから。

安く、早く、効率的に、が検定通過のためのレッスンだと思います。

■オンラインのメリットを大いに利用する

オンライン英会話の料金的なメリットをいかしつつ、日本人講師のレッスンというのも視野にいれています。

通常の非ネイティブの英会話レッスンに比べると少し高めではありますが、それでも、1レッスン1,000円程でも受講できますし、約1時間(50分)で2,000円程度しかかかりません。

通学での費用を考えるとかなり安価ですし、移動時間なども考慮すると、オンラインのメリットはかなり多いと思います。

目の前に先生がいないということがデメリットではありますが、逆に授業に集中しやすいというメリットもあると感じています。

今は、タブレット端末で映像通信が可能ですから、マンツーマン指導なら、通学で机を挟んでのレッスンに遜色ないレベルで受講できます。

現状、体験レッスンを通じて、様々な英会話教室で英検対策を受けています。

オンラインは、オンラインとしても良し悪しがありますから、きちんと見極めてからスタートしたいと思います。