なんでも道しるべ

世の中いろいろあるけれど、自分が信じる道を進めたら・・・そんなときの道しるべにして欲しい

【小学校英語導入の歪み】学校に頼りたいが、今は自ら英語対策すべき理由

小学生の時の英語取り組みが重要になってきました。

小学校では、5、6年で評価が付くようになり、3年、4年から簡単な英語の授業も開始しました。

学校で早期から英語が学習できることになったのが嬉しいことですが、学校に頼れないのも事実だということです。

我が娘は小学6年ですが、早めに英語に取り組んでいてよかったと思えています。

でも、もっと英語をやっていれば良かったと思うくらいです。

その理由について解説します。

■受験のレベルは上がるし、中学受験の科目になるのは必然

まず、以前までは中学生から英語の授業が開始でしたが、最近は小学校から開始されています。

とはいえ、小学校での英語は半分遊び程度のもので、授業だとは到底言えません。

なぜなら、これまでは、英語に親しむことを重点においていたからです。

2020年度から5年、6年で英語の評価が出るようになり、学校でも少しは真剣に授業をやるようになりました。

それに伴い、英語を学校外で習わせる家庭も増えたと思います。

その取り組みは非常に大切で、小学5年まで評価対象が降りたということは、確実に、高校受験ではレベルが上がって当然ですし、数年後には中学受験にも英語科目が入るでしょう。

これからの小学生は英語も勉強しなければならなくなりました。

算数、国語だけでも精一杯なのに、英語も勉強しなければならないので大変です。

■小学校内では戸惑いが多い状況

対して、小学校の英語授業はまだまだ過渡期です。

一つに、先生のレベルが到達していません。

小学校の先生のなかには英語を教えていないし、自らも英語が苦手という先生もいると思いますから、先生のレベルが到達するのにはもう少し時間がかかることでしょう。

小学校で勉強したいカリキュラムが決まっていると思いますが、その内容に則しているとは思えません。

f:id:anyguidepost:20181130170506j:plain

さらに、授業を受ける子どもの問題もあります。

両親自身も英語は中学生からが本番で、今はプレ授業だと思っている家庭も多いでしょう。

したがって、子ども自身も英語の授業を真剣に取り組んでいません。

いくら評価が付くといっても、テストもまともにできない教科で、正当な評価が付くとは思えないので、評価を真剣に受け取らないですし、先生自身も辛らつな評価はできないです。

よって、小学校での英語の授業は中途半端になると想像できますし、実際に今はそうなっていると思われます。

■子ども間に大きな学力差が生まれる懸念

そして何より大切なことは、子ども自身の英語能力に大きな差が生まれている現実です。

英語は時間に比例して実力がつきますから、学校で学ばなくても英語ができる子は増えています。

それが、小学校の授業レベルだとものすごく差がついていきますから、より英語ができる子とできない子の差が広がってきます。

現状、中学受験では英語の科目がありませんが、高校受験の時は明確な差が生まれてきそうです。

■英検をターゲットに自ら対策をとるべき

また、見逃せない点としては、英語の外部資格が高校受験の入試に影響を与えるようになった点です。

今は大阪府が導入していますが、英検の場合、2級を取得していると点数の80%を保証されますし、準1級を取得していると100%が保証されます。

つまり、準1級を取得していると満点ということになります。

中学生で準1級はかなりハードルが高いのですが、2級であれば可能性は十分あります。

その際、中学生になって初めて英語を学ぶようになってから、2年半のうちに2級取得はまず困難です。

絶対に無理とは言いませんが、他の教科の勉強がある中で、英検取得も考えて動くのは難しいです。

なので、小学生の段階で、できるだけ英検取得を目指すべきで、できれば3級くらいは取得できるように取り組んでおくと、高校入試までに2級の可能性は見えてきます。

3級であれば、リーディングができなくても、リスニングと少しライティングを勉強すれば十分に射程圏内です。

小学生の英検勉強の詳しい内容は、当ブログでも紹介していますので、参考にしてもらいたいです。

■家庭内でしっかりと対策を取るべき

小学校で英語の勉強を開始されたことで、現場である教室、先生および児童はかなりの戸惑いがあり、手探り感で授業しているように感じます。

先生の中には、まだ、英語は中学からで、「小学校のうちに、算数を苦手にしないこと」に重点を置いているように思えます。

実際、小学校内で行われる実力テストや統一テストなるものは、まだ英語の教科が入ってきていません。

テストが無いので、単語が覚えないし、文法は理解しない子どもが大勢います。

小学校では英語を楽しむことを中心にしているのかもしれませんが、楽しむのであれば英会話教室でも十分です。

学校ではやはり学校でしか学べないことを学習すべきで、それを前提とすると、まだまだ程遠い次元であるといえます。

とは言え、学校任せにすべきではなく、今後、中学入試に導入されたり、高校・大学入試では確実に英語は難しくなったりしますから、家庭内でしっかりと対策をとならないといけないでしょう(警告)。