なんでも道しるべ

大学受験に向けた子育て教育、子どもの英語能力アップ、資産運用に向けた投資、に関しての道しるべを語っています!

【これはお得!】投資信託の積立はクレジットカードでやるべき(サービス開始情報)

クレジットカードでの投資信託の積立が本格化してきました。

これまでも楽天証券が楽天カードと連携して、積立購入した際にポイント付与というサービスがありましたが、楽天の場合は、楽天グループとして顧客囲い込みが目的でした。

それが今回、他社同士が提携して、投信積立によりクレジットカードのポイント付与をしてくれます。

加えて、セキュリティーを重視しているカード会社がポイント付与してくれますから、非常に大きなサービスがスタートすることになります。

投資信託のメリットは金額指定で購入できることであり、ドルコスト平均法の利点を生かすには、金額指定の積み立てが最も有効です。

そういう意味では、クレジットカードで積立するというのは、このメリットに加え、クレジットカードポイントも貰えるのであれば、非常に価値あることです。

少しでも投資に興味がある人は、クレジットカードの積み立てにより、ポイントを貰うのが良いかと思います。

インデックスファンドにすれば、信託報酬の年率も低いので、クレジットカードのポイントで数年分はペイできるかもしれません。

今回、これらのサービスがスタートしたことによるキャンペーンが始まりますので、それをご紹介します。

■投信積立をクレジットカードで決済

今回の提携は、SBI証券と三井住友カードの投信積立ポイント付与サービスです。

下記の条件でポイント付与してくれます。

  • 投信積立をクレジットカード決済する。
  • クレジットカードによる積立可能金額は毎月100円~5万円(1円単位)となる。
  • クレジットカード積立の設定は毎月10日締め切りで、翌月1日に買付となる。
  • 支払日は、自分のカード支払日に設定された日であり、翌日10日または26日となる。
  • 特定口座・一般口座・一般NISA・つみたてNISAの口座で利用可能です。
  • 投信積立可能な銘柄が全て対象になる。
  • 決済額に応じて三井住友カードのVポイントが付与される。
  • ポイント付与率は各カードで異なるが、一般的なカードは0.5%となる。
  • ゴールドカードは1.0%で、プラチナカードは2.0%となる。

とりあえず、投信を積立買付しているのであれば、三井住友カード支払いにするだけで、Vポイントを付与してくれることになります。

これは非常にお得なので、是非設定すべきだと思います。

私自身は現時点では積立をしていませんが、Vポイントがもらえるのであれば、ちょっとやってみようかと思ってしまいます。

■スタートアップキャンペーンの詳細

今回の新サービス開始に先立ち、スタートアップキャンペーンというものが案内されています。

期間は2021年6月30日(水)~12月10日(金)までです。

上記の期間は、投信積立の設定締切日の期間であり、7月締切は7月10日(土)であり、それが12月までの10日が締め日で、最終は2021年12月10日(金)となります。

実際の投資信託の買付日は翌月の1日買付となりますが、1日が土日である場合は、翌営業日になります。

したがって、8月は1日が日曜日なので、翌日の2日(月)が買付日になります。

キャンペーン中は+1.0%のポイント付与がされ、通常のポイント付与率の0.5%に加わるので、合計1.5%がキャンペーン中のポイントになります。

ゴールドカードとプラチナカードにも+1.0%のキャンペーンポイントが付与されますので、ゴールドカードの場合は2.0%で、プラチナカードの場合は3.0%となります。

とりあえずは、キャンペーンのポイントを貰う意味で、12月10日の設定までは、やってみる価値はあるかもしれません。

■ポイント欲しさに設定しないで、投資がやりたい気持ちで

このようにクレジットカードでの投信積立の案内をしていますが、ポイント欲しさにカード積立設定は間違っていると思いますので、注意してほしいと思います。

f:id:anyguidepost:20181229150200j:plain

すでに積立投資をやっていた人や投資に興味がある人がやるべき設定だと思います。

やはり投資にはリスクがつきものですし、リスクがあるからゆえにリターンがあります。

クレジットカードのVポイントでたとえ0.5%付与されたとしても、投資信託の基準価額が値下がりすると0.5%なんて一瞬で吹っ飛んでしまいます。

逆に値上がりすることもあるので、それはどちらにいくかは誰にも分かりません。

ただ、言えることは、投資信託は信託報酬が取られるということとであり、それがクレジットカードのVポイントにより少しは軽減でき、それをメリットだと感じる人は、カード積立をやる意義があると思います。

私自身は積立投信をやりたいと思っていましたので、このようなキャンペーンとクレジットカードのポイント付与は良いきっかけになりそうです。

貯金として銀行に置いていても何の利益も生み出しませんから、お金に働いてもらうという意識で、投資をしていくというのは良い考え方だと思います。

このようなサービスはどんどん取り入れてほしいですね。