なんでも道しるべ

世の中いろいろあるけれど、自分が信じる道を進めたら・・・そんなときの道しるべにして欲しい

【脱無気力感】ストレスを軽減させる唯一の方法!

仕事において最も付き合いが難しいのはストレスです。

どんな仕事でも一人で最初から最後まで完結することはできませんから、何かしら誰かと関係することになります。

自分の考えと全く一緒の人はいませんし、各々違った環境で生活している上に、仕事への考え方も違うので、すれ違いが起きて当然です。

ストレスのない仕事なんて存在しないと考えた方が良いかもしれません。

ストレスを感じる人と、感じにくい人がいますが、それは感受性の問題であって、その人の性格です。

感じやすい人からすると、感受性の低い人が羨ましく思うこともありますが、感受性の低い人はそれはそれで問題を抱えています。

例え、ストレスが感じにくかったとしても、逆に他人の意思が伝わりにくいということで、人間関係が希薄だったり、パフォーマンスが低かったりする傾向にあります。

何でもこなせるスーパーマンであると良いのですが、そう簡単にはいきませんよね。

そのようなストレスに最も効果的な方法があります。

■ストレスが発生するのは仕方ない

ストレスを感じるというのは、自分の考えや思いと違うことが訪れるからです。

ハラスメントもその一種で、自分が望んでいないことを強要され、自分の思いとは反対の方向性に向かいます。

なので、ストレスが貯まっていきます。

人間が10人いると、10人の違った考え方があって当然ですから、ストレスが発生して当たり前ということです。

ストレスが発生する自体が無くなれば良いのですが、こればかりは必ず発生します。

仲の良い友達同士のサークルでさえ、ストレスが発生するわけですから、ストレスが発生しない人間関係の方が驚きで、これは受け入れざるを得ません。

では、どう対処すればよいのかということです。

■ストレスを軽減させる方法

ストレスが発生するパターンとして、自分の考えと違った意見や行動が他人から出てくることで、ストレスが発生することがあります。

もう一つ、自分自身が他人の目などを気にして、自分の本来の考えと違った行動をすることでストレスが発生するケースがあります。

他人からのストレスはどうしようもできませんが、自分の内部のストレスはコントロールする方法があるかもしれません。

これが解決できれば、ストレスの半分は無くなったことになります。

最も効果的な方法としては、「自分の考えに正直に動くこと」です。

結果がどうであれ、他人の目などを気にして動いたことはストレスになりますが、自分の考えに正直に動けばそれは自分内部のストレスになりません。

その行動ゆえに、他人からのストレスは発生するかもしれませんが、他人からのストレスは自分ではコントロールできませんし、どのような結果になるかなんて事前に分かりようがないのです。

したがって、自分の考えで動くことが、最もストレスを軽減させることができる手法なのです。

■他人の裏切りは最もストレスが高くなる

一番危険なのが、他人の気持ちを汲み取り、自分の考えと違った行動をとって、相手に裏切られた時です。

この時が、自分内部で、最もストレスが高くなる瞬間です。

他人は誰でも裏切るという感覚を忘れてはいけないと思います。

会社や学校の人は当然ですが、恋人や友達だって裏切ります。

ましてや、家族や両親だって裏切ることだって容易にあります。

f:id:anyguidepost:20180325081432j:plain

みんな、最後は自分が一番かわいいものです。

自分のためであれば、他人にストレスを与えることになっても、簡単に裏切る人が多いということを忘れてはなりません。

人間不信になれとは言いませんが、人間は裏切る可能性があるということをよく頭に入れ、自分の行動を考えなくてはなりません。

人を信用して、自分が本来思っていることを違った行動をすると、裏切られた時のストレスは相当高いです。

自分自身を守るためには、自分が考えたとおりの行動をすることが最も良いです。

そして、誰にも責任をなすりつけずに済みますので、その後の対処もしやすいです。

■自分の身を守るには自分の気持ちに正直に生きること

会社も個人主義や成果主義のジョブ型の働き方改革になってきました。

自分の働き方は自分で決めなくてはいけません。

他人が決めてくれていた年功序列型の昔の日本社会は、間もなく崩壊していくでしょう。

家族においても、核家族化が一段と強くなってきました。

自分の行動は自分で決める責任が出てきました。

親は我が子の為だと何でもできますが、それが最後の愛だと思います。

いくら個人主義でも、親子の愛までは裏切らないと信じたいものです。

他人を信じすぎると、いつかはストレスで大きな代償を受けることになります。

仕事においては仕事のための付き合いが最も良いです。

それ以上を求めると何かが崩れていきます。

自分自身のために、ストレスをどのように跳ね除けるかを考えなくてはいけません。

その為に必要なことは、まずは、自分の気持ちに正直に生きることですね。

他人の幸せは後回しで、自分が幸せになるために、他人を引き寄せることがストレスを減らす第一歩だということです。