なんでも道しるべ

世の中いろいろあるけれど、自分が信じる道を進めたら・・・そんなときの道しるべにして欲しい

【推薦入学が仇となる】学歴の為に大学に行くのは無駄!一般入試で入学すべき理由

自分の経験からハッキリ言えるのは、大学に進学するのなら、きちんと勉強して、一般入試で入学した方が良いです。

近年は、私の時代と比べて、大学への進学率が上がりました。

私の学生の頃であれば、高卒で就職するような学習意欲の人であっても、とりあえずは、大学に行くようになりましたし、いわゆるFラン大学であれば、どんな学生でも合格できるでしょう。

両親が中卒・高卒であっても、子どもは大学への進学を考えている家庭も少なくないと思います。

そのような時代ですから、しっかりと対策を取るべきかと思いますが、少子化により大学も学生の確保に必死なので、何かと統合などをして○○大学付属高校になっていることが多いです。

それでも、私はハッキリと大学に進学するのなら勉強をするべきで、大学入試のための準備をするべきだと感じます。

その理由を説明します。

■大学は学歴の為に行くのか?

近年はAO入試や指定校入試などの一般入試以外の入試方法が増えていますが、来年からは名称が変わり、統一化されるかもしれないという情報もあります。

私の学生の時が、AO入試初期の頃で、AO入試以前の名称が複数ありました。

指定校推薦、学校推薦、公募推薦、専門高校枠推薦、スポーツ推薦、等々。

私もこれらの推薦を使って大学に進学したので、推薦自体を悪くは言えませんが、子どもの将来を考えると、学力はしっかりと付けておくべきだと思えるのです。

東大にもAO入試がありますが、そもそもAO入試の枠はそれほど多くありませんし、東大にAO入試で合格できるレベルの人は一般入試でも十分に合格できるようなレベルの学生だと言われています。

難関大学がAO入試などの推薦入試の枠が少なく、中堅以下の主に私立などは推薦枠で進学する人が半数以上いると言われています。

この状況からも、推薦入試で進学することが、意味のあることだと言えないということです。

とりあえず入ってしまえば勝ちだと考えている親は多いと思いますし、入試のドキドキ感は嫌だという親も多いでしょう。

受験生本人も、一般入試で5教科の勉強をするよりも、内申点と小論文や面接などで合格できるのであれば、それの方が気が楽でしょう。

でも、大学は入ったら終わりではなく、そこからがスタートです。

まあ、私の経験からすれば、いくら勉強できずに入れたとしても、友達さえ上手く捕まえれば、単位を取得して卒業できると思います。

そして、その学歴を取得できるので、問題ないでしょう。

でも、本当にそれで良いのでしょうか。

実際のところ、学歴で就職が決まってしまうこともありますから、入学できれば勝ちという考えも否定はできませんが、在学中や就職してから、本人が非常に苦労することになります。

■学歴の為に進学するのは時代遅れ

Fラン大学なんて論外ですが、中堅以下の大学であれば、入学よりも、大学で何をするのか、どう過ごすのかが重要で、何か秀でるものが無いと将来的に辛くなってきます。

難関大学に進学した場合、卒業後も自分の学歴レベルを維持するためには、しっかりと勉強しなければなりません。

それでないと、就職してから恥をかくことになるからです。

そのような時に重要なのは地頭です。

やはり学生時代にしっかりと勉強している人は地頭が良いです。

地頭が良いと、仕事において困難な局面に立たされても対処できる能力を備えています。

それが無い人は、たとえ学歴が備わっていても、社会人で功績を残すのは難しいでしょう。

f:id:anyguidepost:20181013174059j:plain

学歴は必要であることは否定しません。

どちらかというと、学歴で見方が変わる側面がありますから、しっかりと学歴は意識した方が良いです。

それに加え、自分の実力が学歴に即したものであるのかが重要で、これは社会人になってから分かることです。

そのためにも、推薦入試で逃げるのでなく、一般入試でも合格できる学力をつけるべきだと思えます。

■学歴が欲しいのなら大学院に行けばよい

本当に学歴だけが欲しいのであれば、一番良い方法は、大学院に進学することです。

大学入試で偏差値が足りずに合格できないレベルの大学であっても、大学院入試であれば、合格することができます。

私の同級生でも一つ二つ上の大学院に進学した人を何人も見てきました。

私の場合は、在籍中の大学のレベルすら到達していなかったので、大学院入試は自分の大学しか受けませんでしたが、きちんと勉強すれば大学院の合格率は高いです。

学歴だけが欲しいのであれば、大学院に進学してしまえば、マスターやドクターの称号がもらえるので、それで良いと思います。

でも実際の社会では、それだけで成り立たないのは分かると思います。

学歴がものをいうのは、就職活動の時から30代までの転職までです。

それ以降は、社会人での実績と実務経験しかありません。

■入試への取り組みが自分を強くする

長期的な目線で考えるのなら、推薦入試などを考えずに、しっかりと大学入試の取り組みをする方が将来的には意味のあることです。

近年は大学付属高校が増えたので、定期テストを含めた内申点だけしっかり取っていれば、それなりの中堅大学には進学できる時代になりました。

けれども、これを使って進学した学生が将来的に困る可能性が高いと言えます。

自分自身がしっかりとしていて、人よりも優れているものを1つでも持っている生徒は良いですが、何もない凡人であれば、単なる学歴だけになってしまいます。

自分が、そして我が子が、どのようなルートで大学にいくのかをしっかりと考える時代になりましたね。