なんでも道しるべ

世の中いろいろあるけれど、自分が信じる道を進めたら・・・そんなときの道しるべにして欲しい

【小学生で英検取得】乳幼児期から取り組むべきインプットの最良法はコレだ!

小学生で英検2級を取得した娘の親が教える英語教育の新提案です。

私は英語教育関係者でも無いので、利害は一切ありません。

純粋に、英語を得意になってもらいたいと願っている親子に対してのアドバイスです。

そして、この方法で費用は安く済みますし、小学生のうちに英検取得は問題ないレベルまで到達すると考えます。

ただ、この方法で英語を始める場合は、できるだけ年齢が低い方が望ましい。

できれば乳児の時からが一番好機と思っていますが、幼児からでも良いです。

小学校低学年からも間に合うかもしれませんが、出来る限り日本語の知恵が入らない内に始めるのがベストです。

■費用がかかっても良いなら家庭用教材で

我が娘が英語を始めた10年程前から数年前まででしたら、家庭で取り組める英語教材を一押ししていました。

娘も「ディズニーの英語システム」を使って、乳幼児の時は過ごしましたので、これで英語能力が付いたと自負しています。

ディズニーの英語システムは何十年も前からある家庭用教材ですし、実績も十分です。

インプットもしっかりできるうえに、アウトプットにも取り組めるので。良い教材であるのは間違いないです。

けれども、この教材を検討したことのある人なら分かると思いますが、かなり高いです。

教材を一式揃えるのには数十万円かかります。

兄弟で使えば、一人当たりは安くなりますが、アウトプットするためには月会費もかかります。

この教材を使い倒せる覚悟のある人は、この教材に取り組めば、小学校で英検2級レベルまで到達することは可能でしょう。

実際に、我が娘は到達しましたので、良い教材だと言い切れます。

けれど、高い。

これだけの費用をかけずに、できれば安く、英語を身に付けてほしいと思う親がいると思います。

■英会話教室だけでは不十分

教材をそろえるには一式で何十万円も先行投資をしないといけないので、英会話教室などの月数千円~1万円程度なら良いかと考え、検討する人もいると思います。

英会話をアウトプットの場として考えるのは良いと思いますが、英会話教室だけで英語の学習やインプットとするのは良くないです。

なぜなら、絶対的な時間数が短いからです。

1週間に1時間ないし2時間程度の英語学習時間で英語が身に付くわけありません。

日本語であっても、赤ちゃんは親から相当な時間数の日本語をインプットされて、数ヵ月経ってようやく言葉が出てくる程度です。

少ない時間の英会話教室のインプットだけで、英語が話せるようになるなんてあり得ないと考えた方が良いです。

子育てにおいて、子どもに英語を上達してほしいと考えるなら、インプットの時間をどれだけ多くかけることができるかがポイントです。

■動画を観続けるインプット

できるだけ多くのインプットの時間を確保するには、結局はテレビやタブレットなどで英語の動画を見せることが最も効率が良いです。

我が家も家庭教材で英語学習をしてきましたが、ずっと英語教材のDVDを流し続けていました。

もちろん、教材なので、ワークブックを使った勉強などもありましたが、乳幼児期はそんな勉強的なことはあまりできないですし、子ども自身も面白くないので続きません。

結局は、動画を観続けることがインプットには一番効果的なのです。

日本語でも親が赤ちゃんに行っていることと一緒です。

返答も無いけれど日本語を話しかけ続けるはずです。

英語を話せない親の場合は、それを動画にお任せするという方法が最も良いのです。

■インプットは「ディズニー+」が最も良い

さて、ここからが本題ですが、インプットの為の英語動画は何が良いかということです。

結論からいうと、「ディズニー+」に決まりです。

(画像をクリックするとアマゾンのページに移動します)

月700円で、かなり多くの動画が見られるうえに、乳幼児でも飽きないアニメが多く、英語のかけ流しにはぴったりです。

ディズニー+は大人向けの映画という印象もありますし、そのようなコンセプトで売り出していますが、中には子供向けのアニメも多く含まれています。

乳幼児の英語教材につかえそうなアニメもたくさんあります。

年間にしても8,400円ですから、英語学習をこの価格でできるのなら安いです。

我が娘の時は無かったので仕方ないですが、今なら、この動画ストリーミングで英語学習すると思います。

■安いけれど効果がでるかどうかは親次第

親として一番の悩みは、英語の「教材」になっている方が安心できるから、少々高くても子どものためにお金をかけようかと思うはずです。

その考えも間違いではありません。

人間、安く済ませると、その程度の見返りしか得られません。

教材に何十万円もかけたり、英会話教室に何万円もかけたりすると、その分、やる気も出るでしょうから、継続する力になりますし、親子が頑張れるモチベーションにもつながります。

なので、私はこれらの家庭教材や英会話教室を否定する気はありません。

ただ、お金がかけられない家庭もあると思います。

そのような家庭が、できるだけ安く、効率よく、子どもに英語能力を付けてあげたいと思う親の気持ちを汲むのであれば、何が一番良いのかな?と考えたら、やはり動画ストリーミングだと思ったのです。

我が家も家庭教材を買いましたので、お金をかけたという事実があります。

けれど、今の時代であれば、同じような効果を月700円で得られるのであれば使わない手はありません。

でも、一番大切なのは、親の継続力です。

英語動画をストリーミングで観るのは簡単ですが、それを継続することができるか否かで決まるといっても過言ではありません。