なんでも道しるべ

マネー投資、子供への投資・英語、京都の紹介、メダカの飼育など、何でも発信してしまうブログです

懺悔…ワンタップバイを推しながら、やはり私には合わなさそうなので中止します…

定期的に当ブログを読んでいただいている方には、見切りが早いなと思われるかもしれませんが、「ワンタップバイ」での米国個別銘柄の取引を止めようと思いました。 先日の記事で、ワンタップバイから買付できる「S&P500」ETFについて書きました。 少額買付に…

【12月ひふみ運用報告】このままTOPIX対比20ポイント差でゴール?ジャスダックに追いつけるか?

ひふみアカデミーの動画が配信されていました。 運用報告に関係ないことですが、一度は「ひふみアカデミー」に出席してみたいなと思います。 ホームページを確認してみると、ひふみアカデミーに『初めて参加枠』があるようですね。(どうせ行けないけど…) …

【コア・サテライト戦略】我が家の「現保有資産の比率」と「2018年から積立の比率」

昨日の記事では、「コア・サテライト戦略」について書きました。 コア部分とサテライト部分で定義はありますが、私の感覚では曖昧のように思えます。 投資運用のターゲットの中心をどこに持っているかによっては、「TOPIX連動インデックスファンド」であって…

【コア・サテライト戦略】サテライトの比率は50%超?それとも1~2割程度?

「コア・サテライト戦略」というものがありますが、取り入れていらっしゃる方はどのくらいでしょうか? 無意識にコア・サテライト戦略に入っているポートフォリオを組んでいる方もいるかもしれません。 一度、自分のアセットアロケーションを見直してみて、…

【ひふみ投信2017決算】運用報告書のデータから見る「ひふみ」への投資世代の実態

ひふみ投信の運用報告書が発行されました。 ひふみ投信には、同じ運用方針でありますが、ひふみプラスとひふみ年金があります。 この記事では、ひふみ投信の運用報告書のデータから紹介していきたいと思います。 今回で第9期となるそうです。決算日は2017年…

少額買付にメリットのワンタップバイに米国ETFが登場!銘柄と仕組みから検証してみると…

ワンタップバイに米国ETFが入るというニュースがメールで届き、先日からスマホ内で操作できるようになりました。 ワンタップバイの最初は、「米国有名企業30社」を少額投資かつ簡単なスマホ操作で買付ができるということで衝撃的でした。 そこから、「日本…

遂に「つみたてNISA」にETFが3本追加された!投資信託とETFの違いを考えておこう

本日も引き続き、「つみたてNISA」に関してです。 金融庁のホームページを久々に見て驚きました。 これまで、金融庁が認めた「つみたてNISA対象商品」はインデックス投信とアクティブ投信のみでした。 ETFも認定対象であることは分かっていましたが、12月に…

【つみたてNISA記事】シャープレシオと順位でアクティブファンドを評価

つみたてNISAが2018年からは始まります。 「日経マネー」の記事にアクティブファンドの一覧が載っていました。 株式中心のアクティブファンドですが、非常に分かりやすくまとめっています。 また問題点も書かれています。 これは私が当ブログで悩みを書いて…

あと1ヶ月あるけど、米国ETFの1年リターンが気になって確認してみた!

今年もあと1ヶ月を切りました。 1年経った年末に確認しようかと思っていましたが、どうも我慢できなくて、米国ETFの1年リターンを見てしまいました。 今日は米国ETFのリターンに関して書きたいと思います。 私の所有している米国ETFはインデックス指標と…

30歳代はダブルインカムで世帯収入600万円以上目指す!そのために必要な2つの条件とは…

昨日の記事に続いて、ダブルインカムのマネーの話です。 昨日の記事では、ダブルインカムのススメを書きました。(あくまで私個人の意見であり参考) 結婚して、子どもが乳幼児期は共働きは非常に大変な時期ではありますが、共働きは心と生活にゆとりがでま…

乳幼児期を乗り越え、ダブルインカムで心と生活のゆとりを

今日はダブルインカムのススメについての記事です。 家庭の事情は個々で異なりますし、私の個人的な意見ですので、一つの参考程度にしていただければと思います。 我が家は共働き家庭です。 なぜ共働きなのかというと、私がお願いしたからです。 私一人の給…

iDeCoの書類返送を完了!あとは1/26からの引落開始を待つばかり

ようやく、iDeCo(確定拠出年金)の書類返送が、楽天証券とSBI証券に出来ました。 我が家に書類が届いてから、事業主証明書がいるので、書類の準備にとても時間がかかりました。 証券会社に届いてからも手続きに時間を要するとの注意事項がでています。 楽天…

iDeCoはズルいとの仰天発言から考える、金融教育の必要性

楽天証券のトウシルに「ひふみ投信」の藤野氏のインタビュー記事が載っていました。 前後編に分かれていますが、前編は金融教育に関しての意見記事でした。非常に興味深い内容でした。 2016年に行った金融庁の調査では、「金融投資教育を受けたことがない」…

今日から師走!NYダウは絶好調のまま年末年始に突入する?

今日から12月。師走です。 昨日の11月最終日には、NYダウが24,000ドルを大幅に超える状態の取引になったようで、ここまま行くと、今年の上げ幅は凄いことになりそうですね。 やはり今年の注目は、「米国税制改革法案」に集約されてそうです。うまく法案可決…

ジェイリバイブをiDeCo積立することで、通常NISA継続の可能性を考えた

最近、私の中で急上昇の投信銘柄がジェイリバイブです。 この前の記事で、①ジェイリバイブがひふみ投信を超えるリターンをたたき出していること、②信託報酬が高いことがネックであったがiDeCoを使うと少し安くなる点、について書きました。 積立候補急上昇!…