なんでも道しるべ

広義の投資(子育て教育、英語教育、資産形成、NISA、iDeCo)に関する道しるべ!毎日19時に記事更新‼(たまに朝7時にも更新!?)

【フィアー&グリード】投資家が恐怖を覚えている時こそツッコミ時!

今回は、私が投資戦略の中で非常に重視している指標の一つ、「フィアー&グリードインデックス」についてお話ししたいと思います。この指標をうまく活用することで、感情に左右されずに冷静な投資判断を下す助けになります。特に、最近の市場動向を踏まえた私の考えを共有したいと思います。

フィアー&グリードインデックスとは?

まず、フィアー&グリードインデックスについて簡単に説明します。この指標は、CNNが開発したもので、市場全体の投資家感情を測定するためのものです。具体的には、以下の7つの要素を分析してインデックスを算出します:

  1. 株価のモメンタム:S&P 500指数の50日移動平均との乖離
  2. 株価の強さ:ニューヨーク証券取引所(NYSE)の新高値と新安値の比率
  3. 株価の幅:NYSEの株価の上昇と下落の比率
  4. プット・コール比率:プットオプションとコールオプションの取引量の比率
  5. ジャンク債の需要:ジャンク債の利回りと国債の利回りの差
  6. マーケットボラティリティ:VIX指数
  7. セーフヘイブン需要:株式と国債のリターンの差

これらの要素を総合して、0から100のスケールで市場の「恐怖(フィアー)」と「強欲(グリード)」のレベルを示します。数値が低ければ「恐怖」が高く、数値が高ければ「強欲」が強いことを示します。

最近の市場動向とフィアー&グリードインデックス

最近、ナスダック100が強く、特にハイテク企業が市場を牽引しています。しかし、フィアー&グリードインデックスは38で、「恐怖」の領域にあることに驚かれる方もいるかもしれません。なぜこうなるのかを考えると、いくつかの要因が浮かび上がります。

まず、NYダウ平均が軟調であることが挙げられます。ナスダック100の一部のハイテク企業が上昇している一方で、NYダウ平均は低迷しているため、全体の市場感情としてはネガティブな影響が出ています。また、国債利回りの動向も重要です。直近では国債利回りが下がっていますが、それまでの上昇が市場に与えた影響が持続している可能性があります。国債利回りが上昇すると、投資家はリスク資産から安全資産にシフトする傾向があり、これが恐怖感を助長します。

さらに、VIX指数(ボラティリティ指数)が低い場合、通常は市場が落ち着いていると見なされますが、これが全体の恐怖感を反映しているわけではありません。特定のセクターや市場の一部で恐怖感が高まっている場合、全体としてのフィアー&グリードインデックスに影響を与えることがあります。

私の投資戦略:フィアー&グリードインデックスを活用して

私は、このフィアー&グリードインデックスを活用して、特に「エクストリームフィアー(Extreme Fear)」を示した時には大きな追撃入金を行うことを計画しています。これは、市場が過度に悲観的になっている時に安く買い増しをする逆張り投資の一環です。

例えば、今年の4月の市場調整の際には、フィアー&グリードインデックスがエクストリームフィアーまではいきませんでしたが、「恐怖」を示していました。このタイミングで私は積立投資の金額を増やしました。市場が不安定な時こそ、長期的には良い買い場となることが多いため、積極的に投資を行いました。

投資戦略の具体的なポイントとしては以下の通りです:

  1. 資金の準備

    • エクストリームフィアーの状況に備えて、余剰資金を確保しておくことが重要です。必要な時にすぐに投資できるよう、現金を一定割合で保持しておきます。
  2. 定期的なモニタリング

    • フィアー&グリードインデックスを定期的にチェックし、変動に注目します。特に市場が大きく動いた時や重要な経済指標が発表された時に確認することを習慣化しています。
  3. 段階的な投資

    • インデックスがエクストリームフィアーを示した時に一度に全額を投資するのではなく、数回に分けて段階的に投資することでリスクを分散します。
  4. 過去のデータ分析

    • 過去のフィアー&グリードインデックスのデータを分析し、どの程度の期間エクストリームフィアーが続いたのか、またその後の市場の回復状況を確認することで、投資タイミングの判断材料にしています。
  5. リスク管理の強化

    • 市場が非常に不安定な時期には、投資リスクを適切に管理するためにポートフォリオ全体のバランスを見直しています。例えば、現金比率を高めたり、リスクの低い資産へのシフトを検討します。

フィアー&グリードインデックスは、市場全体の感情を把握するための強力なツールです。特に、ナスダック100が強い一方で市場全体の感情が不安定な時に、この指標を活用することで冷静な投資判断が可能になります。私はこのインデックスを使って、市場が過度に悲観的になっている時に追加投資を行い、長期的な資産拡大を目指しています。

皆さんも、自身の投資戦略にフィアー&グリードインデックスを取り入れてみてはいかがでしょうか?市場の感情を読み解くことで、より賢明な投資判断を下す助けとなるでしょう。