なんでも道しるべ

広義の投資(子育て教育、英語教育、資産形成、NISA、iDeCo)に関する道しるべ!毎日19時に記事更新‼(たまに朝7時にも更新!?)

【次の押し目まで我慢!我慢!】市場のフィアー(恐怖)を乗り越えて買い進める戦略

今日は市場が恐怖に陥ったときにどうやって投資を続けるか、特に押し目買いのタイミングについてお話しします。最近の米国市場では、押し目という押し目がほとんど見られず、高値が続いていますよね。そんな状況で投資のタイミングを見計らうのは、本当に難しいものです。

押し目買いが難しい理由と対策

まず、押し目買いがなぜ難しいのかを考えてみましょう。市場が恐怖に陥っているときは、自分の運用資産も減っていることが多いです。そんな中で、さらに追加で投資をするというのは、メンタル的にもハードルが高いですよね。自分の資産が減っているときに「今が買い時だ!」と思っても、実際に行動に移すのは難しいものです。

そこで有効なのが、ルールを決めて逐次的に投資する方法です。具体的には、フィアーグリードインデックス(FGI)やMACDなどの指標を使って、段階的に投資を行うことです。

例えば、以下のようなルールを設定してみてはどうでしょうか。

  1. 投資資金の分割: 追撃用の資金を複数回に分けて投資するための予算を設定します。例えば、追撃用資金を5回に分割して、1回あたり20%ずつ投資する。

  2. 投資タイミングの基準: フィアーグリードインデックスが特定の値以下になった場合、またはMACDのシグナルが出た場合に投資を行う。

具体的な投資手順

次に、具体的な投資手順についてです。

  1. 初期設定: 追撃用の全体資金を例えば100万円とし、これを5回に分割して1回あたり20万円を投入します。

  2. 投資タイミングの監視: 毎日の市場チェックを行い、フィアーグリードインデックスやMACDのシグナルを確認します。

  3. 段階的な投資: FGIが30以下になった時、最初の20万円を投入します。 FGIが20以下になった時、次の20万円を投入します。 さらに市場が下がり、FGIが15以下になった時に次の20万円を投入します。 それ以上の恐怖が続いた場合も同様に、FGIの値がさらに低くなるごとに段階的に資金を投入します。

心理的準備とサポート

押し目買いを成功させるためには、心理的な準備も重要です。過去の市場データを見て、恐怖の時期が後にどのように回復したかを学びましょう。これにより、同様の状況に対する信頼を築けます。同じ志を持つ投資仲間やファイナンシャルアドバイザーと意見交換をすることで、メンタル面のサポートを得ることも有効です。

市場の状況は常に変化するため、定期的な見直しが重要です。年に1回や四半期ごとに、現在の投資戦略が有効かどうかを確認しましょう。また、感情に流されず、設定したルールに従うことも大切です。投資日記をつけることで、投資判断の一貫性を保ち、感情的な決断を避ける手助けとなります。

投資を自動化することで、感情に左右されずにルールに従った投資ができます。フィアーグリードインデックスやその他の投資指標に対してアラートを設定し、目標値に達した際に通知を受け取れるようにするのも良いでしょう。自動積立サービスやロボアドバイザーを活用することで、設定したルールに基づいて自動的に投資を行うことも検討してください。

市場の恐怖時に冷静に対処するためには、リスク管理と緊急時のプランが不可欠です。一定の現金を保持しておくことで、押し目の際に資金が確保できるようにしましょう。また、最悪のケースを想定し、その時にどう対処するかを事前に計画しておくことも大切です。

市場が恐怖に陥ったときに冷静に押し目買いを行うのは確かに難しいですが、ルールを設定して逐次的に投資することで、そのハードルを下げることができます。長期的な資産形成を目指すなら、この方法は非常に有効です。市場の動向をしっかりと見極め、計画的に投資を続けていきましょう。

以上、押し目買いのための投資戦略についてお話ししました。皆さんの投資が成功することを願っています。それではまた次回お会いしましょう!