なんでも道しるべ

大学受験に向けた子育て教育、子どもの英語能力アップ、資産運用に向けた投資、に関しての道しるべを語っています!

【効率の良い勉強法は自分で模索】娘が実践する○○○に問題を解く術はメリット多い!

勉強の方法は人それぞれだと思いますが、効率よく、スマートに勉強するべきです。

そのなかで、自分のスタイルを模索するべきで、自分に都合の良い方法を自分で見つけるのも一つです。

それは他人と自分は違うというのが大前提で、他人にとっては良い方法であったとしても、自分にとっては都合が悪いかもしれません。

逆もあり、他人にはどうも上手くいかなくても、自分にはしっくりくるということもあります。

何より大切なのは、自分で自分のスタイルを見つけることです。

他人に、これが良いとか、これならやり易いとか、そんなことを提案されているようではまだ甘いです。

自分に都合の良い方法は、自分で見つけなければなりません。

今日はそんなお話です。

■問題集をルーズリーフに解きたい理由

娘がやたらとルーズリーフを買って欲しいと言ってきます。

なぜノートではなくルーズリーフなのか、なぜ単なる白紙ではなくルーズリーフなのか、そんなことは聞かずに、できるだけ安いルーズリーフを買い与えていました。

すると、問題集を解くのに、ルーズリーフを使っていました。

まあ、白紙でやるよりかは良いかとか、これをノートでやられたらノートが何冊あっても足りないなとか、思ってみていました。

あるとき、そのルーズリーフをまとめておきたいから、バインダーが欲しいと言い出しました。

私は、「どうせ、問題を解いた紙なんて、溜まったら捨てるだけなんだから、どこかにまとめて入れて置いたら?」と答えたのですが、どうしても欲しそうなので、適当なバインダーをいくつか買ってあげました。

娘は、そのバインダーをどのように使っているのかというと、テスト前に解いた問題を教科毎にまとめてファイルしていました。

問題は3周解くのですが、3周すべてをファイルしていたのです。

また、漢字や単語の練習なども全てルーズリーフでやって、ファイルしていました。

そして、そのファイルは目標のテストが終わると、中身のルーズリーフを取出して、一ヵ所にまとめていたのです。

■テスト直前に一気に見直し

娘が言うには、テストの前日や当日に、このファイルを見ると、自分がやった解答、間違った解答、苦手な解答が全て載っているから、見直しにはちょうど良いということです。

ルーズリーフには答えしか載っていませんが、間違っている問題は一応解答の解説も記入されています。

娘曰く、解答を見るだけで、どんな問題であったかは覚えているので、これを見るだけで十分だということです。

なるほど、と思いました。

私の場合、問題と解答はセットだと思っていたので、解答集みたいな解いたルーズリーフをファイルしても意味がないと思っていました。

けれども、娘の場合は、自分専用の解答集ができるので、非常に重宝できるそうです。

あくまで、目標のテストまでのファイルですが。

この方法は私には思いつかなかった、娘が自ら考えた勉強法でした。

■問題をルーズリーフに解く3つの利点

問題を解いたルーズリーフのファイリングには3つの良い点があると思います。

1つ目は、先ほどからも書いているように、自分専用の解答集になるということです。

丸付けもしているので、正解している解答、間違っている解答、2度・3度解いた解答、弱点の解答、そして、弱点問題だけの解説も載せているという具合です。

これは自分専用ですし、大量にある問題を一気に見直しすることができるので、一石二鳥です。

2つ目は、自分はこれだけ勉強したという自負になるということです。

ノートに勉強していると、ノートの冊数が増えない限り、ノートのページ数が増えることはありません。

ルーズリーフの場合は、やった分だけが枚数が増えることになります。

テスト前に、自分はこれだけの問題を解いたという自信が付くと思います。

3つ目は、ルーズリーフゆえに途中に差せるということです。

問題は3周解きますから、何度も同じ問題に返ってきます。

それをノートにやっていたら、同じ問題が離れたページに最大3ヵ所載ることになります。

見直しをするときも、離れているので探すのが大変です。

その分、ルーズリーフにすると、同じ問題はすぐ後ろに追加することができるので、ページが離れず、見直しもしやすいです。

■ルーズリーフを使った問題集勉強法

娘はこれらの3つの特徴までは考えていないように思えますが、ルーズリーフとファイリングを上手く利用した問題集勉強法だと感じました。

f:id:anyguidepost:20190218190615j:plain
何でも、自分で、自分に合ったスタイルを見つけていくことが重要かと思いますが、それを親や他人から与えられるのではなく、自分で良い方法を模索するというのは良い心掛けだと思います。

中学生以上になると、家の勉強は常に問題を多く解くことになります。

それをいかに整理して、自分が見直ししやすいように体系化しておくのは、勉強の効率化には重要なことだと思います。